2021.02.27

原宿駅の様子202102

Blimg_6545 既に駅舎の大部分が撤去されていました(2/23現在)。

| | | コメント (0)

2021.01.09

原美術館

原美術館が1月11日(祝)で閉館します。何とも残念なことです。
公式サイト

 Blp1060056 Blimg_2899 Blimg_2908 Blimg_2877

| | | コメント (0)

2020.12.30

日立目白クラブ

Blimg_5776 高田馬場駅から歩いて、日立目白クラブ(旧学習院昭和寮)を見てきました。

元々この辺り一帯は近衛公爵邸で、その一角に1928年(昭和3年)、学生寮として建てられました。スパニッシュ様式の瀟洒な建物です。戦後、日立製作所の所有となりました。
Blimg_5769周辺(というか背面)では大規模な土地開発が行われています。

住友不動産の「日立目白クラブ跡地(仮称)下落合計画」(マンションコミュニティ

| | | コメント (0)

2020.12.06

原宿駅の様子202012

Blp1050904 原宿駅の取壊しが進み、既に塔屋部分は柱が並ぶだけです。
Blimg_5552 これは先週(11/29)の様子。風見鶏が取り外された直後でした。

| | | コメント (0)

2020.11.15

山田醇の住宅

Blimg_5286代々木上原で見かけた山田醇設計の住宅作品。
ちょっと和風テイストのハーフティンバーで、屋根に特徴がある。「あ、山田醇だ」とすぐわかる。

| | | コメント (0)

2020.11.13

建築の黙示録的風景

Blimg_5296 Blimg_5290
思いがけず、廃墟美を感じる瞬間に出会いました。
(10月下旬、都内某所にて)
現在は既に更地になってます。

| | | コメント (0)

2020.11.08

西川ビル、東海ビル

Blimg_5392野村証券から西川ビル(高橋貞太郎の戦後作品)あたりまでの一帯が再開発区域になっています。
Blimg_5393 御幸ビル(旧東海ビル、1975年、日建設計)はかつての村井銀行跡に建てられています。
ペディメント付きの通用口は村井銀行(1914年、吉武長一設計)の部材を再利用したもので、ビルの内部にはコリント式オーダー等の部材も残っていました(このあたりの経緯は長谷川尭『建築の生と死』p87-96)。
これらも瓦礫となってしまうのでしょうか。

| | | コメント (0)

2020.11.02

野村證券本社

Blimg_5389 日本橋一丁目の再開発事業による一帯の解体工事が始まるようです。
日本橋川に面した野村証券本社(日本橋野村ビル旧館、安井武雄設計、1930年)については、保存される見込みです。(ただし戦後に増築された部分は取壊し)

少し前のものですが、都市再生特別地区の都市計画決定時の資料によれば、全体を免震化し、構造を補強して一部フロア柱を撤去する等の工事を行うようです。
Nomura
都市再生特別地区(日本橋一丁目中地区)都市計画(素案)の概要より(※2018年以前の資料)

日本橋川を覆う高速道路の地下化が完成するのは「2040年」(!)という話もありますので、当分の間は高速道路と超高層ビルにはさまれた感じになるのでしょう。

| | | コメント (0)

2020.11.01

原宿駅の様子202011

Blimg_5340 全体が足場とネットで覆われてきました。間もなく取壊し作業が進むものと思われます。
Blimg_5332 Blimg_5338
以前の記事

| | | コメント (0)

2020.10.13

原宿駅の様子202010

旧原宿駅舎の周囲に足場が築かれ、ネットが張られています(10/11撮影)。11月には全体が覆われてしまうようです(新聞報道)。
Blimg_5212 Blimg_5215   

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧