2020.01.14

OSN134モックアップの謎

Meiseicolum 左の写真は明治生命館の建設工事中に撮られたもの。鉄骨が組み上がり、壁は未だできていない状態で、円柱が1本立っている。現地に設置された原寸大のモックアップ(模型)である。

写真は工事を施工した竹中工務店が所蔵していたようで、1932年(昭和7年)5月の撮影だという。他に明治生命館の建設工事の様子を撮影した記録映像(16mmフィルム)があるが、同年5月5日に行われた定礎式のシーンより前に、このモックアップが映っている。
この写真と記録映像以外に文献史料が見当たらず、モックアップについては謎が多い。
■柱頭の渦巻
明治生命館のファサードを飾るコリント式円柱の柱頭を見ると、中央上部にある渦巻(volute)が交差している。ちょっと珍しいデザインかもしれない。(文末の補足を参照)
Meiseicap1Meiseiimg_2123

Meijishosai 工事の始まる直前に描かれた詳細図(左)では渦巻が交差していないので、工事の途中でデザインが変更されたことになる(詳細図は縮尺1/20で「昭和5年8月31日」の日付がある。工事は9月12日起工)。


柱頭部分については3パターンの原寸図が残っており、渦巻を交差させるかどうか、検討していた様子がうかがえる(『図面で見る都市建築の昭和』掲載)。
Capital3002

続きを読む "OSN134モックアップの謎"

| | コメント (0)

2020.01.06

OSN133三井本館と明治生命館3

三井本館と明治生命館の平面図を比べると大きな違いがある。
Mituiplan10 三井本館では内部に大きな吹き抜け空間が3か所あって、その周りに柱が立ち並んでいるが、外側に並ぶ列柱と内部の柱のグリッドがきれいに揃っている。(左図は2階部分の平面図:三越側が下)
外部の列柱と内部空間を区切る柱が整然と配置されている。


Meiseiplan1明治生命館にも吹き抜け空間が2か所あるが、外部の列柱と吹き抜け付近の柱位置は合っていない箇所が多い。柱の配置がズレていることによって、柱が密になる部分が出来ている。(左図は2階部分:皇居側が下)
外側の列柱を構成する部分と、内部空間に応じて柱を配置する部分とで折合いを付けているような具合である。
建築史家の鈴木博之氏は明治生命館の構成について次のように述べている。

全体の構成は1階営業室部分と事務室部分を大スペースとして確保し、その周囲に諸室を配置してゆくもので、大スペースからなる中心部分と、周囲の部分では柱の並び方が異なる。こうした構造計画は現代のビルでは行われないものであるが、内部スペースの配置を第一に考え、それにあわせて構造的な柱を配置するという手法と思われる。(『図録明治生命館』)

私(筆者)は外側の列柱を優先してこうした配置になったのかと思っていたが、鈴木氏は内部空間を優先した配置と見ている。いずれにしても、柱が密になる部分が出来たことで、構造を強化する効果も生んでいるようである。(注:ここでは三井本館の耐震性能との優劣を比較している訳ではない)

まだ比較すべきところは残っているが、ここでいったん一区切りとする。

| | コメント (0)

2020.01.05

OSN132三井本館と明治生命館2

Ordermeiji まず、三井本館と明治生命館のファサードに並ぶ「円柱の長さ」を比較してみる。どちらもコリント式の円柱である。(図は明治生命館の「丸柱石割図」)

三井本館は高さ60cmほどの基壇の上に大きな円柱が並んでいる。円柱の長さを図面で見ると54フィート1インチ=約16.48mである。
明治生命館の方は1階部分を基壇として、2階から6階の高さ分の円柱が並んでいる。円柱の長さは53尺5寸5分=約16.22mである。ということは両者の円柱の長さはほぼ同じである(これは偶然なのかどうか?)。


建築オーダーは柱を中心にした比例関係の体系である。ルネサンス期に古代の建築理論書が再発見され、数多くの理論書が書かれた。また、フランス・アカデミーではそれらの理論書を巡って延々と議論を重ねていたのであった。

オーダー【order】
建築の構築的体系およびその秩序。後には特に、古典建築様式における円柱の形式とそれに付随する構成の比例体系を指すようになる。古代ギリシア思想においては、あらゆる自然の有機体と同様に、建築も自然の法則に従い、あるいはそれを模倣すべきものであった(アリストテレスのいう〈ミメーシス〉)。したがって建築の各部は、人体がそうであるように、それぞれが独自の形態と役割を保ちつつ、調和(シュンメトリア)のとれた全体を構成しなければならず,そのためには各部相互の関係、特に寸法的比例(プロポーション、エウリュトミア)が重要であると考えられた。(世界大百科事典 第2版)

続きを読む "OSN132三井本館と明治生命館2"

| | コメント (0)

2020.01.04

OSN131三井本館と明治生命館

Mituiimg_1410 Meijip1010413
三井本館と明治生命館は、共に昭和初期に建てられた古典様式のオフィスビルである。コリント式の円柱を並べたデザインは元をたどれば古代ギリシアの神殿建築に由来するが、建設当時(20世紀初め)アメリカで流行していたスタイルでもある。

19世紀後半から20世紀前半にかけて、アメリカの建築界はフランスのエコール・デ・ボザール(アカデミーの芸術学校)から多大な影響を受けていた。ボザールで建築を学んだアメリカ人建築家が建築界をリードし、またボザールから招いた教授たちがアメリカの大学で建築教育を行っていた。フランス流の古典様式に基づいて建てられたアメリカ建築は、アメリカン・ボザールと呼ばれている。

日本の建築界も高層建築をはじめアメリカから多くのものを学んだ。アメリカン・ボザールのデザインを採り入れたオフィスビルも数多く建てられたが、中でも三井本館と明治生命館は双璧と言えるであろう。
三井本館はアメリカの設計事務所(トロブリッジ&リビングストン社)による作品で1929年(昭和4年)の竣工、明治生命館は岡田信一郎の設計によるもので1934年(昭和9年)の竣工と、5年の差がある。

続きを読む "OSN131三井本館と明治生命館"

| | コメント (0)

2019.12.27

旧赤星鉄馬邸

Akaimg_1702武蔵野市吉祥寺本町(成蹊大学の南側)に1934年築の旧赤星鉄馬邸があります。レーモンド設計による初期モダニズム住宅です。
旧赤星邸の保存運動については12月25日の東京新聞で読みました。
Meetむさしの」の記事が詳しいです。

これまでナミュール・ノートルダム修道女会が所有し、修道女の養成施設になっていました。現在は希望者がおらず処分を考えていたところ、武蔵野市が購入する話が出ているそうです。

| | コメント (0)

2019.12.20

郵船兜町ビル

Yusenimg_1135 兜町第5平和ビル(旧郵船兜町ビル、1923年)のリニューアル工事が進んでいました。用途変更で、ホテル、飲食店になるようです。(今月末に竣工か)

以前ファサードを覆っていたパネルが撤去されています。装飾はほとんどありませんが、ちょっとクラシックな印象のデザインです。

パネル設置前・設置後の画像がblog「ぼくの近代建築コレクション」にありました。

| | コメント (0)

2019.12.18

国立駅舎の再建

Kuniimg_1684 Kuniimg_1679
いったん解体された国立駅舎ですが、少し位置を変えて再建工事が行われています。既に外観は出来上がっており、中々カッコいいです。

来年4月にまち案内所、展示室、広間をもつ公共施設としてオープンするそうです。
旧国立駅舎(国立市公式サイト)

| | コメント (0)

2019.12.10

大嘗宮

Daiimg_1311大嘗宮の公開があったので見てきました(12月8日で公開終了)。

鳥居がいくつか立っており、神社建築の古い形式を残していると言われています(『日本建築史図集』)。造るのに19億円とか…。取壊し後については「木材の一部を、バイオマス発電の燃料などとして再利用」(朝日新聞12.9)、ということは結局燃やしてしまうようです。
Daiimg_1322 多くの建物が並んでますが、中核は儀式を行う悠紀殿と主基殿。掘立柱で板葺の屋根と素朴な造り。中の様子はうかがい知れません。

| | コメント (1)

2019.11.20

関根要太郎展

Seisekiimg_1085 多摩市の旧多摩聖蹟記念館で「関根要太郎展」が開催されています。
関根要太郎はこの記念館を設計した人物で、今年が没後60年に当たります。不動貯金銀行の建築を多く手掛けているほか、聖蹟記念館や京王閣(取壊し)などの作品が知られています。ユーゲントシュティル風の初期作品を函館に残しているのもユニークです。
建築家の作品展と言えば、まずは設計図面を並べるところでしょうが、関根の図面類はほとんど見つかっていないようです。史料が少ないため、雑誌記事などの展示が大半ですが、絵はがきなどのコレクションに感心しました。ブログ「関根要太郎研究室@はこだて」の方が展示に協力しているそうです。

| | コメント (0)

2019.08.30

小笠原伯爵邸

Oga3p1010780スパニッシュつながりで、小笠原邸のパティオ(中庭)の画像です。
昨年夏、一般公開の際に撮影しました。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧