2020.03.31

OSN143明治生命館余話

1月以来、明治生命館に関わることを書き連ねてきた。この建物は重要文化財に指定され、既に多くの建築史家の方々が論じているが、自分なりに気になるところを書いてみた。
(重要な部分が相当抜けているので、『図録明治生命館』や野村和宣氏の『生まれ変わる歴史的建造物』などを参照してください)

ちょうど書いている最中に「静嘉堂文庫の美術館ギャラリーが、2022年に明治生命館1階へ移転」というニュースも入ってきた。その後の公開方法がどうなるのか、少々気になるところだが。

建設工事途中で岡田捷五郎に召集令状が届いたことなど、まだ謎は残っているが、このあたりで区切りとし、別の機会にしたい。
最後にいくつか補足を。

Ginza ■工事記録映像
明治生命館2階の資料・展示室で建設工事(1930-1934年)の様子を捉えた映像を流しているので、ご覧になった方も多いと思う。
クレーン、スチームハンマーなど建設工事の機械化が進む一方、まだ人力に多く頼っていたことが伺える貴重な映像資料である。残念なのは、解説が付いていないので何をやっているのかよくわからない部分があること。
そこで、工事記録映像の私的メモを作ってみた。
(暫定版なので詳しい方がいればご教示ください)

Hgenkan■旧館部材の行方
旧館(三菱二号館)の取壊しに際して、2か所の「玄関のアーチ型入口は、原型のまゝを東京美術学校及び横浜高等工業学校に寄贈し永久に現存せらるゝ事となつた」との記載が『六十年史』にある。
既に90年経っており、学校の組織自体も変わっているが、どうなっているのだろうか。

東京美術学校(現東京芸術大学)は岡田信一郎が教壇に立っていた関係で部材を引き取ったと思われる。
大正時代に建てられた校舎(文部省設計、1914年竣工)の外壁に保存部材が取り付けられていた。実際に取り付けるところまで、岡田が見届けたのかどうかは不明だが。
Bikou01
(画像は練馬区立美術館の『大沢三之助展』ちらしより)
この校舎は既に取り壊されており、部材はしばらく放置されていたようであるが、現在は明治村に移されている。
ブログ記事「近代建築物の宝庫!明治村」(たらよろさん)の7枚目に円柱部分の画像がある。(この他にも明治村でペディメント部分を見た気がする?)

横浜高等工業学校は横浜国立大学工学部の前身である。曽禰中條事務所にいた中村順平(建築学科主任教授)の縁で部材を引き取ったのであろう。かつて工業学校があった敷地は現在の横浜国立大学教育学部附属横浜中学校で、1938年に建てられた工業学校の校舎が現存している。
二号館の部材がどこに置かれたのか、現状どうなっているのかは不明。(情報求む)

0kabeimg_2115■壁のモニュメント
明治生命館の北側スペース(皇居側から見て左側、ガラス屋根のかかるアトリウム部分)に、切り取られた壁の一部が置いてあり、建築業協会賞、建築学会賞などのプレートが付いている。

明治生命館一帯の街区再開発が行われる前には、地下駐車場に降りるスロープがあった。スロープに沿って造られた壁の一部(駐車場に入る直前の左側)をモニュメントにしたものである。

本館の壁は、中に鉄骨が入るSRC造だが、ここは建物の外でRC造になっている。構造は違うが、当時の工法を示す事例として参考になる。
壁の外側は花崗岩を積んでいる。壁の内側は擬石仕上げだが、現場打ちではなく、予めブロック状に造っておき、石と同様に積み上げていったのであろう(多分)。
鉄筋を組み、花崗岩と擬石を一段づつ据えながら、コンクリートを流し込んで壁を作っていると思う。
(スロープがあった名残りも、近くに残っているので探してみてください)

| | コメント (0)

2020.03.08

OSN138渡辺仁

Daiichiimg_2590 渡辺仁(1887-1973年)は銀座和光や東京国立博物館(原案)などの設計者として知られている。人物紹介はINAX REPORTの特集記事(大川三雄氏、2010年)がわかりやすいだろう。東京帝国大学建築学科の出身で、岡田信一郎の6年下に当たる。
渡辺仁の言葉として、建築史家の佐々木宏氏が記しているものがある。佐々木氏は1961年に渡辺から話を聞いたという。(『真相の近代建築』)

設計競技では一等を狙って、徹底的に審査員の顔ぶれを研究した。目標とした建築家は岡田信一郎、設計競技の成果やデザインの多様性には敬服させられた。(略)意匠は「社会の要請」や「施主の意向」に応じるのが当然ではないか。

前の記事では渡辺仁が明治生命に提出した応募案(多分)を紹介した。それを見た上でこの言葉を読むと、渡辺は自分の案が保険会社側の意向に沿っていなかったことを思い知らされたのかもしれない、などと想像してしまう。
この後で、渡辺が第一生命館の設計に関与することも少々因縁めいている。第一生命館(1938年竣工)は渡辺仁、松本与作の共同設計とされ、「外観のデザインは、まず設計競技によって十点が選出され、それを参考にして渡辺仁が新たに設計し直した」(『建築探偵術入門』)。

第一生命館の基本計画は本社の営繕課長だった松本与作が既にまとめていた。1932年に行われた設計コンペで選出された10案は参考にされただけで、入選者は設計に関与していない。(コンペの審査員は、葛西萬司、横河民輔、桜井小太郎、佐藤功一、中條精一郎で、明治生命館のコンペに指名された建築家と重なっている)
渡辺仁が設計に加わるのは矢野恒太社長の判断によるもので、渡辺は石坂泰三専務の親戚という縁があった。
松本与作は建物の三方向をトスカナ風の列柱が並ぶアーケードで囲む案を作っていたというが、渡辺仁の設計により簡潔で風格あるデザインにまとめられた(伊藤ていじ『谷間の花が見えなかった時』)。

※当時の文献の表記は「渡邊仁」「松本與作」。

| | コメント (0)

2020.02.29

OSN137三菱二号館取壊しの謎

2gouimg_1946明治生命保険の設計コンペの条件として、旧館(三菱二号館、1895年竣工、J.コンドル設計)を保存し、その隣りに高層の新館を建てることになっていたはずである。
実際には、旧館を取り壊して明治生命館が建てられたが、そこに至る経緯はどうだったのだろうか。基本史料はやはり『明治生命保険株式会社六十年史』になる。

■旧館の保存方針
『六十年史』によれば、新社屋の建設に関して社内では、(1)既存の社屋は震災の被害を受けておらず直ちに建替える必要はない、(2)建築美術上からもできるだけ保存したい、(3)隣接地に新館を建設し、将来旧館を取り壊した場合に、適宜増築できるようにしておけばよい、という方針でまとまっていた。(昭和3年時点)
応募案を審査する段階でも議論があったが、(a)旧館・新館の調和よりも、将来「新旧両敷地を掩う大建築が完成したる時」のことを基本に判定すること、また(b)「荘重、堅実 且美的外観を失はざる事」という方針で審査を行ったという。(昭和3年末~4年1月頃?)
いずれ旧館を取り壊す時期が来るまで当面は残しておこう、ということだが、(1)~(3)と(a)を比較すると、次第に将来の「大建築」に意識が寄ってきているように感じられる。

■応募案の関連資料
設計コンペの応募案については当時公表されておらず、現在も関連資料が何点か知られている程度である。(以前の記事で書いたことと重複する部分もあるが、再度内容を確認しておく)

続きを読む "OSN137三菱二号館取壊しの謎"

| | コメント (0)

2020.02.12

OSN136指名設計競技の謎

_meiseiimg_1939 明治生命館を建設する際の指名設計競技(コンペ)については以前の記事でも書いたが、不明な点が多い。
1928年に実施された設計コンペは、近江栄氏の労作『建築設計競技』にも全くふれられていないし、募集要項はどうだったのか、どのような案が提出されたのか、といった具体的な内容はほとんど知られていない。

■社史の説明
明治生命の社史『明治生命保険株式会社六十年史』(1942年)には次のように書かれている。
・明治生命保険株式会社では、関東大震災後の事業の拡大により新社屋の建設を決めた。そのために隣接地も購入した。
・建築顧問の曽禰達蔵に設計を依頼したが、曽禰は設計コンペの開催を主張し、建築家8名を推薦した。
・既存の社屋(旧館、三菱二号館)は関東大震災でも被害がなかった。当初は旧館をそのまま残し、とりあえず隣接地に新館を建てる計画だった。
・応募作品を審査した結果、岡田信一郎案が当選した。
・岡田は旧館を取壊し、敷地一体を使ったオフィスビルの建設を明治生命に進言した。
・岡田の提案が採用されて旧館は取り壊され、現在の明治生命館(1934年竣工)が建てられた。

■建築家の指名
設計コンペに参加する建築家が指名されたのは1928年(昭和3年)の秋(9月か10月上旬)と思われる。『日本建築士』1928年12月号の「某会社の新築設計案募集」という記事がこの設計コンペについてふれている。「某会社」とは明治生命保険株式会社である。

続きを読む "OSN136指名設計競技の謎"

| | コメント (1)

2020.01.14

OSN134モックアップの謎

Meiseicolum 左の写真は明治生命館の建設工事中に撮られたもの。
鉄骨が組み上がり、壁は未だできていない状態で、円柱が1本立っている。現地に設置された原寸大のモックアップ(模型)である。

写真は工事を施工した竹中工務店が所蔵していたようで、1932年(昭和7年)5月の撮影だという。他に明治生命館の建設工事の様子を撮影した記録映像(16mmフィルム)があるが、同年5月5日に行われた定礎式のシーンより前に、このモックアップが映っている。
この写真と記録映像以外に文献史料が見当たらず、モックアップについては謎が多い。

■柱頭の渦巻
明治生命館のファサードを飾るコリント式円柱の柱頭を見ると、中央上部にある渦巻(volute)が交差している。ちょっと珍しいデザインかもしれない。(文末の補足を参照)
Meiseicap1Meiseiimg_2123

Meijishosai 建設工事の始まる直前に描かれた詳細図(左)を見ると、渦巻は交差していない。工事の途中でデザインが変更されたことになる(詳細図は縮尺1/20で「昭和5年8月31日」の日付がある。工事は9月12日に起工)。


柱頭部分については3パターンの詳細図(縮尺1/5)が残っており、渦巻を交差させるかどうか、検討していた様子がうかがえる(『図面で見る都市建築の昭和』掲載)。
Capital3002

続きを読む "OSN134モックアップの謎"

| | コメント (0)

2020.01.06

OSN133三井本館と明治生命館3

三井本館と明治生命館の平面図を比べると大きな違いがある。
Mituiplan10 三井本館では内部に大きな吹き抜け空間が3か所あって、その周りに柱が立ち並んでいるが、外側に並ぶ列柱と内部の柱のグリッドがきれいに揃っている。(左図は2階部分の平面図:三越側が下)
外部の列柱と内部空間を区切る柱が整然と配置されている。


Meiseiplan1明治生命館にも吹き抜け空間が2か所あるが、外部の列柱と吹き抜け付近の柱位置は合っていない箇所が多い。柱の配置がズレていることによって、柱が密になる部分が出来ている。(左図は2階部分:皇居側が下)
外側の列柱を構成する部分と、内部空間に応じて柱を配置する部分とで折合いを付けているような具合である。
建築史家の鈴木博之氏は明治生命館の構成について次のように述べている。

全体の構成は1階営業室部分と事務室部分を大スペースとして確保し、その周囲に諸室を配置してゆくもので、大スペースからなる中心部分と、周囲の部分では柱の並び方が異なる。こうした構造計画は現代のビルでは行われないものであるが、内部スペースの配置を第一に考え、それにあわせて構造的な柱を配置するという手法と思われる。(『図録明治生命館』)

筆者(私)は外側の列柱を優先してこうした配置になったのかと思っていたが、鈴木氏は内部空間を優先した配置と見ている。いずれにしても、柱が密になる部分が出来たことで、構造を強化する効果も生んでいるようである。
(注:ここでは三井本館の耐震性能との優劣を比較している訳ではない)

まだ比較すべきところは残っているが、ここでいったん一区切りとする。

| | コメント (0)

2020.01.05

OSN132三井本館と明治生命館2

Ordermeiji まず、三井本館と明治生命館のファサードに並ぶ「円柱の長さ」を比較してみる。どちらもコリント式の円柱である。(図は明治生命館の「丸柱石割図」)

三井本館は高さ60cmほどの基壇の上に大きな円柱が並んでいる。円柱の長さを図面で見ると54フィート1インチ=約16.48mである。
明治生命館の方は1階部分を基壇として、2階から6階の高さ分の円柱が並んでいる。円柱の長さは53尺5寸5分=約16.22m。ということは両者の円柱の長さはほぼ同じである(偶然なのかどうか?)。


建築オーダーは柱を中心にした比例関係の体系である。ルネサンス期に古代の建築理論書が再発見され、数多くの理論書が書かれた。また、フランス・アカデミーではそれらの理論書を巡って延々と議論を重ねていたのであった。

続きを読む "OSN132三井本館と明治生命館2"

| | コメント (2)

2020.01.04

OSN131三井本館と明治生命館

Mituiimg_1410 Meijip1010413
三井本館と明治生命館は、共に昭和初期に建てられた古典様式のオフィスビルである。コリント式の円柱を並べたデザインは元をたどれば古代ギリシアの神殿建築に由来するが、建設当時(20世紀初め)アメリカで流行していたスタイルでもある。

19世紀後半から20世紀前半にかけて、アメリカの建築界はフランスのエコール・デ・ボザール(アカデミーの芸術学校)から多大な影響を受けていた。ボザールで建築を学んだアメリカ人建築家が建築界をリードし、またボザールから招いた教授たちがアメリカの大学で建築教育を行っていた。フランス流の古典様式に基づいて建てられたアメリカ建築は、アメリカン・ボザールと呼ばれている。

日本の建築界も高層建築をはじめアメリカから多くのものを学んだ。アメリカン・ボザールのデザインを採り入れたオフィスビルも数多く建てられたが、中でも三井本館と明治生命館は双璧と言えるであろう。
三井本館はアメリカの設計事務所(トロブリッジ&リビングストン社)による作品で1929年(昭和4年)の竣工、明治生命館は岡田信一郎の設計によるもので1934年(昭和9年)の竣工と、5年の差がある。

続きを読む "OSN131三井本館と明治生命館"

| | コメント (0)

2019.12.27

旧赤星鉄馬邸

Akaimg_1702武蔵野市吉祥寺本町(成蹊大学の南側)に1934年築の旧赤星鉄馬邸があります。レーモンド設計による初期モダニズム住宅です。
旧赤星邸の保存運動については12月25日の東京新聞で読みました。
Meetむさしの」の記事が詳しいです。

これまでナミュール・ノートルダム修道女会が所有し、修道女の養成施設になっていました。現在は希望者がおらず処分を考えていたところ、武蔵野市が購入する話が出ているそうです。

| | コメント (1)

2019.12.20

郵船兜町ビル

Yusenimg_1135 兜町第5平和ビル(旧郵船兜町ビル、1923年)のリニューアル工事が進んでいました。用途変更で、ホテル、飲食店になるようです。(今月末に竣工か)

以前ファサードを覆っていたパネルが撤去されています。装飾はほとんどありませんが、ちょっとクラシックな印象のデザインです。

パネル設置前・設置後の画像がblog「ぼくの近代建築コレクション」にありました。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧