2019.02.28

旧渋沢邸(青森)

先月、青森県六戸町にある旧渋沢邸の公開があったので見てきました。最寄り駅は三沢駅、星野リゾート青森屋の敷地内にあります。
Aop1040391 Aop1040382
もとは東京の三田綱町にあった渋沢敬三邸で、戦後は大蔵大臣公邸、三田会議所などとして使用されてきました。1993年に青森に移築されたものです。

続きを読む "旧渋沢邸(青森)"

| | コメント (0)

2019.02.08

寺山修司記念館

Terap1040479
以前から気になっていた三沢市の寺山修司記念館に行ってきました。
公式サイト
粟津潔のデザインをもとに建てられたそうです。
Terap1040461
駅から無料バスが走っているのはとても親切ですが(土曜・日曜に3本運行)、バスで往復しようとすると見学可能な時間は30分弱で、あわただしくなってしまいました。

| | コメント (0)

2018.09.18

OSN127國井家観音堂

岡田信一郎の設計作品の中に「國井家観音堂」がある。『建築雑誌』(1932年5月)のデータによると次のとおり。
*國井家観音堂 山形県高松 國井門三郎氏邸内 [竣工大正]9年

国会図書館の資料(岡田兄弟設計図集)にある「観世音堂」の図面を見ると、屋根に鴟尾を乗せた桁行3間、梁間2間の小規模な仏堂建築である。資料には石川確治(山形出身の彫刻家)の手紙も入っており、石川が観音像を制作している。

國井家は山形県でも有数の大地主で、当主は代々門三郎を襲名していた。ここでいう門三郎は明治4年生まれの方で、國井酒造を経営し、県会議員、高松村長等を歴任。昭和6年、次男に名を譲り、國井経崇と改名している(次男は後の寒河江市長)。
建設した経緯は不明だが、観音堂はその後(1935年)國井邸から父母報恩寺(山形県村山市)に移築され、「雪の観音」と呼ばれている。
Yukikan1behrens__oldenburg_2 Yukikan2behrens__oldenburg_2
画像はgooglemapより借用。左は県道側から:山門の左手に観音堂がある。右は国道13号側から:観音堂の背面が見える。

続きを読む "OSN127國井家観音堂"

| | コメント (0)

2014.04.29

曲田福音聖堂

秋田県大館市曲田(まがた)にある正教会の聖堂で、木造平屋建の一見素朴な建物です。(画像はGoogleより拝借)
Magata
ニコライ堂の翌年、1892年(明治25年)に竣工。ニコライ堂建設に関わったシメオン貫洞なる人物の指導で建てられたと言われ、山下りんのイコンがあるそうです。

老朽化と東日本大震災の被害により、修復が必要な状態で、「曲田福音聖堂を守る会」では、寄付を募集しています。(修復費用のご寄付のお願い:PDF

曲田福音聖堂公式サイト

| | コメント (0)

2010.06.17

奉安殿2

奉安殿に続いて…

Tottorihoan
errさんから、釧路市鳥取大通りの鳥取神社に移築されている旧鳥取小学校の奉安殿画像(左)を提供いただきました。
北海道の奉安殿もバリエーションに富んでいるようです。

もう1つは南の方にある物件。
ネット検索で徳之島の鹿浦小学校にある旧奉安殿(昭和13年着工、16年竣工)を見つけました。地元の方々が苦心して建設したことが今日まで残された理由でしょうか。修復を受け、登録文化財となっています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009.07.04

奉安殿

近代建築ホームページの中でも、「奉安殿」は問合せ(苦情含む)の多いコンテンツです。奉安殿そのものは建築史的にみて特に重要な存在ではないかもしれませんが、当時は当たり前であった事柄も、今日では中々わかりにくくなっていますので、こうした具体的なモノとして残されていることに意味があると思います。

北海道の奉安殿4件を取り上げたブログがありましたので、ご紹介します。

歴旅・温泉、そしてチョッと釣り

| | コメント (7) | トラックバック (0)