2020.08.26

ハーフティンバーの駅舎

原宿駅はハーフティンバーと呼ばれる様式で、関東大震災の翌年、1924年(大正13年)に竣工しました。設計者は鉄道省技師の長谷川馨とされています。
小野田滋氏(鉄道総合技術研究所情報管理部長)が鎌倉駅や官庁集中計画と関連して原宿駅を論じているのが面白いと思ったので、紹介します。

Kama197945004325_624_v1537992114 かつての鎌倉駅(1916年)は中央の時計塔が印象的な駅舎でした。
Kama_shinsai竣工当初はハーフティンバーの木造駅舎でしたが、いつの頃からか(震災後の改修?)、モルタル仕上げの壁に改めたようです。古い写真を見ると木組の様子が確認できます。。
上の画像は1979年撮影:Blog「阿房列車ピクトリアル」から引用。下は関東大震災後の駅舎)

鎌倉駅は、東京帝国大学出身(1909年卒)の技師・上野肇による設計と言われます。
原宿駅を設計した長谷川馨は名古屋高等工業学校の3期生(1910年卒)で、上野より年少になりますが、鎌倉駅建設の際に、現場監督を務めていたそうです。

上野肇は1921年12月に若くして亡くなります。国会議事堂の設計コンペ(1918年)に応募するため、無理を重ねて体を壊したようです。

原宿駅にハーフティンバーのデザインが採用された背景には、大正期の田園都市構想やロマン主義などの要因もありそうですが、直接には鎌倉駅からの影響と考えられます。

(補足)
現在の鎌倉駅は1984年の竣工。建替えに際して反対運動が起こったため、妥協案として(1)中央の時計塔を西口広場に移設する、(2)旧駅舎のデザインを新駅舎に採り入れる、ということで収めたようです。

(参考文献)小野田滋「大正浪漫の駅舎 原宿駅」(鉄道ファン、2011.1-2)、馬場知己「駅のうつりかわり」(汎交通、1984.1)

| | コメント (0)

2020.08.05

角川武蔵野ミュージアム

Kadoimg_3464 Kadoimg_3472
所沢市の角川武蔵野ミュージアムがプレオープンというので見てきました。(公式サイト

サクラタウンの一角にあり、商業施設やホテルはこれから開業するようです。
ミュージアムでは隈研吾展を開催しています。外観は異形ですが、内部は意外に普通で、窓のない箱です。
Kadoimg_3489 Kadoimg_3484
建物外観の仕上げは中国産の花崗岩で、複雑な表面は三角形で分割しているそうです。
Kadoimg_3478  Kadoimg_3488
もう一つの見どころらしいのがこの神社。どういう御利益があるのかは聞き逃しました。
Kadoimg_3470

| | コメント (0)

2019.05.20

旧検見川送信所

Kemip1040807千葉市にある旧検見川送信所(1926年、吉田鉄郎設計)の様子を見てきました。(Wikioedia

周囲では土地区画整理事業が進められており、新築の住宅が並ぶ通りを抜けると、広い空き地の中に廃墟となった送信所の建物がポツンと残っています。

千葉市は建物の文化財調査を行っており、保存する方針のようです。市の公式サイトで検索すると、市長との対話会(2014年10月)の中で熊谷市長が「活用するには多額の費用がかかる。今の財政状況ではすぐにできない(略)本格的な活用については長い目で見守ってほしい」と話していました。

| | コメント (0)

2019.04.24

旧神谷伝兵衛稲毛別荘

Kamiyap1040761 千葉の稲毛海岸に神谷伝兵衛の別荘として建てられた洋館です。現在は「千葉市民ギャラリー・いなげ」になっていますが、修復工事中でした(残念)。

大正7年(1918)建設の鉄筋コンクリート造ということで、技術史的にも貴重なものです。
公式サイト

| | コメント (0)

2019.04.23

牛久シャトー

Usikup1040270 昨年末、牛久シャトーのレストランやショップが閉店すると聞いて、その前に見てきました。
公式サイト
Usikup1040280見学施設(神谷傳兵衛記念館、オエノン ミュージアム)や園内の散策は引き続き可能ということですが、ワイン製造もやめてしまうらしく、寂しいことです。

牛久市と共催で季節のイベントが催されることになったようなので(3月に協定を締結)、今後の活用を期待します。

| | コメント (1)

2019.03.10

映画ロケ地(芦山浄水場)

Mito0004
既に有名ですが、映画「カメラを止めるな!」に登場する水戸市の芦山浄水場をGoogleマップ(3D)で見たところ。
1932年建設、既に浄水場としての役割は終えています。
みとフィルムコミッション

| | コメント (0)

2019.01.13

旧田中角栄別荘

Tanakap1040099_3
元首相の田中角栄氏が亡くなったのは1993年12月。
軽井沢の別荘は1996年に国へ物納されました。別荘はその後財団法人(田中角栄記念館)の所有となり、2007年には登録文化財になっています。公開の予定があるか不明ですが、今のところ非公開のようです。
田中角栄記念館公式サイト
今は厳めしい門ができており中に入れませんが、2007年に現地へ行った際は無人で、建物近くで拝見しました。
Tanakap1010787
あめりか屋による旧徳川圀順別荘(1920年)で、下見板張の2階建、塔屋のある特徴的なデザインです。

続きを読む "旧田中角栄別荘"

| | コメント (0)

2018.12.31

旧田中別荘と一匡邑

Tanakap1040124 Tanakap1040101
北軽井沢で最古の別荘建築と言われている旧田中別荘。
未確認ですが、大正中期に田中銀之助が建てたもので、あめりか屋設計との話もあります。
現在この一帯は「ルオムの森」になっており、別荘はカフェ、ギャラリーなどに使われています。
Ikkyop1040130
一匡邑(いっきょうむら)は大正12年に完成したという別荘群で、共有の敷地に13棟ほど並んでいます。大学村から西へ2kmほど、嬬恋村との境界付近で川にはさまれた場所です。
別荘群は西村伊作が提唱する「理想村」をもとにしたと言われています(軽井沢ルヴァン美術館公式サイトの展示室紹介より。Wikipediaも参照)。
当時建てられた別荘の多くは建替えられたようですが、それらしきデザインの建物がいくつか目に付きました(西村設計のものかどうか未詳)。

| | コメント (0)

2018.12.30

南紀倶楽部など(大学村)

Nankip1040186
北軽井沢の大学村の一角に南紀倶楽部がある。
もとは昭和初めに彫刻家建畠大夢が建てたもので、紀州出身の美術家グループのアトリエ(南紀美術倶楽部)として使用していた。戦後の1948年に建畠家から寄贈されて大学村の集会施設となっている。
これも「垂直面を持つ屋根」という特徴があり、蒲原重雄作品かとも思わせる。
シンプルな造りの他の山荘とは規模が違うが、建畠が蒲原に特注したものだろうか。
Nankip1040196 Nankip1040189

続きを読む "南紀倶楽部など(大学村)"

| | コメント (0)

2018.11.30

北軽井沢の大学村

Kitap1030983
旧北軽井沢駅舎の前に大学村組合事務所がある。
1928年に竣工したという事務所には「垂直面を持つ屋根」もある。これも蒲原重雄の作品だろうか?

組合事務所から東に1km以上行ったところが大学村の別荘地である。「垂直面を持つ屋根」という特徴のある山荘が大学村に点在しており、野上山荘を含めて全体で11棟ほど確認できた。蒲原作品の可能性がある山荘群である。

続きを読む "北軽井沢の大学村"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧