2019.06.10

世紀末ウィーンのグラフィック

Wienimg_0175

最終日に目黒区美術館の「世紀末ウィーンのグラフィック展」を見てきました。

雑誌やポスターを並べただけだろう、とあまり期待はしてなかったのですが、まとまったコレクションになっており見応えがありました。
それにしても、世紀末ウィーン関係が続きます。

| | コメント (0)

2019.05.02

クリムト展

Kuri2kimg0391令和の初日に東京都美術館のクリムト展を見てきました。7月10日まで(公式サイト)。

ウィーンのベルヴェデーレ宮にあるクリムト作品が多数集められており、見応えがあります。国立新美術館とどちらか迷ったら、こちらに行きましょう。

 

| | コメント (0)

2019.05.01

ウィーン・モダン展

Wien2p1220876平成最後の日に国立新美術館の『ウィーン・モダン展』を見てきました。
8月5日まで(公式サイト)。

東京都美術館でも『クリムト展』開催中ですが、3年前ウィーンに行ったときはクリムト作品をほとんど見られなかったので、自分にとってはありがたい企画です。

個人的にはクリムトの初期作品(旧ブルク劇場の観客席など)が興味深かったです。

オットー・ワーグナー関係も比較的多く、ルエーガー市長のための椅子や美術アカデミー記念ホールの模型などがよかったですが、郵便貯金局の紹介が今一つ残念な感じ。

| | コメント (0)

2019.04.25

海老原商店で写真展

Ebip1210731_1連休中、神田須田町の海老原商店で「まちかどの近代建築写真展」が開催されます。
4月27日(土)-5月6日(月)、12時-19時。facebook
海老原商店については、藤森先生の『建築探偵の冒険』(1986)でご存知の方も多いと思います。
画像は昨年の看板建築展に展示されていたもので、黒沢武之輔画伯による海老原商店のファサード案です(実際に建てられたものとはかなり違います)。

| | コメント (0)

2019.03.02

ル・コルビュジエ展

Domip1220610
国立西洋美術館の「ル・コルビュジエ 絵画から建築へ - ピュリスムの時代」を見てきました。
公式サイト

続きを読む "ル・コルビュジエ展"

| | コメント (0)

2019.01.28

フェルメール展とルーベンス展

Ferup1220486
2回目のフェルメール展に行ってきました。後期から出展の「取り持ち女」を見るためです。
結構大きな作品で、他の絵が静かな印象なのに対して、猥雑な感じがしました。

続きを読む "フェルメール展とルーベンス展"

| | コメント (0)

2018.07.27

ミケランジェロ展2018

Mikep1210975
国立西洋美術館の「ミケランジェロと理想の身体」を見てきました。
見どころは、ミケランジェロの作品2点。あとはラオコーン像の模刻。
その他に、古代ギリシャからルネサンスの作品も並んでますが、子ども(プットー)の像以外はほとんど印象なし。

ミケランジェロの2点については予備知識がありませんでした。
「ダヴィデ=アポロ」については、ダヴィデかアポロか不明で、途中でテーマが変わったという説もあるとか。アポロ像のつもりで作り始めたが、ダヴィデ像でもいけそうなのでそっちにしようと? そんなことがありうるのか。

「若き洗礼者ヨハネ」は、スペイン内戦でバラバラになり、残っていた破片をつないで復元されたもの。顔の上半分、腕の一部、腰のあたりなどはオリジナル(大理石)だそうですが、失われた部分はグラスファイバーで補強した合成ナイロンの素材で補っているそうです。

| | コメント (0)

2018.05.13

建築の日本展

Tangep1210844
森美術館で開催中。9月17日まで。
公式サイト

丹下健三の自邸模型(1/3)にしびれました。
サヴォア邸を木造でやってみました、ということでしょうかね。塀を造らず、近所の子どもたちが庭で自由に遊んでいた、というのも丹下氏の意外なエピソードでした。

| | コメント (0)

2018.05.09

看板建築展

Darumap1210727
江戸東京たてもの園で「看板建築展」をやっています。
公式サイト

藤森照信氏の『建築探偵の冒険』で知られる海老原商店(神田須田町)の関係資料が多数紹介されていて感心しました。

下谷神社近くの田中家が、残念ながら今年取り壊されたとの情報もありました。
興味のある方はどうぞ。

(画像は中央区月島の看板建築に付いていた漆喰仕上げのダルマ)

| | コメント (0)

2018.04.04

プラド美術館展

Pradop1020951
プラド美術館展(国立西洋美術館)を見てきました。
ベラスケスが来ているのでぜひ行かねば、と足を運びましたが、ルーベンスとティツィアーノもよかったです。興味のある方は見に行きましょう。
本場のプラド美術館にはぜひ行ってみたいので、バルセロナ・プラドを回るツアーがないものかと思案中。

ブリューゲル展(東京都美術館)は4月1日が最終日でした。
ブリューゲルは親子兄弟で画家として活動しており、誰が誰だか…状態ですが、今回の展覧会ではしつこくその点を説明していて、自分にもようやく理解できた気がします。
知られた作が少ない感じでしたが、好みのボッシュ風作品がいくつかあり、個人的にはまあまあ。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧