2020.09.18

OSN147岡田信一郎と恒川陽一郎

(萬龍の話の続き)
恒川陽一郎が亡くなり、未亡人となった静(もと萬龍)と岡田信一郎が結婚した。これはよく知られた話であるが、恒川の葬儀の際に岡田が友人総代を務めていたことは、あまり知られていないと思う。筆者(私)もこれを知って驚いたのである。
岡田と恒川はどこで知り合ったのだろうか。

続きを読む "OSN147岡田信一郎と恒川陽一郎"

| | コメント (0)

2020.09.10

『名流婦人情史』と萬龍

131130_momiji 1929年(昭和4年)に刊行された照山赤次編『名流婦人情史』に萬龍の章がある。これは萬龍に関する著作の中でも珍作と言えるであろう。

人気芸妓の萬龍が箱根で恒川陽一郎と出会い、困難を乗り越えて結婚するが、恒川に先立たれ、岡田信一郎と再婚する、という話を小説仕立てにしている。ある程度はフィクション交じりだろう、と割り引いて読んでみても、他の記録と比べてディテールが食い違う点が多い。以下にあらすじを書いてみる。

  • 喜劇役者の曾我廼家五九郎が、萬龍に振られるエピソードが冒頭に描かれる。
  • 葉桜の時期、恒川は親友の岡田と強羅の宿に来ていた。夜が更け、雨が強くなってくる。11時ころ、風呂へ行った岡田はうっかり女風呂に入ってしまい、大変な美人(萬龍か?)を見かける。翌朝、岡田は用事があって、雨の中を先に帰った。(岡田が恒川と一緒にいたというのは本当だろうか?また、旅館は同じ箱根でも強羅ではなく、塔ノ沢では?)
  • 雨が上がった後で、芸妓3人と客1人が川の近くで遊んでいた。1人の芸妓(萬龍)が川に落ちて流され、横倒しになった樫の木にひっかかった。それを恒川が流れに入って助け出した。(実際は萬龍は洪水から逃げる途中で気分が悪くなったところを助けられたのではないか?)
  • 東京へ戻り、再会した恒川と萬龍は恋に落ち、度々会うようになる。恒川は肺病を患ったことがあり、結婚をためらっていた。親友の岡田は結婚するよう2人を励ました。(岡田が2人の仲を取り持ったというのは他の記録には全く見えない話だが、本当だろうか?)
  • 恒川と萬龍は結婚する。だが、まもなく恒川の病状が悪化し、遂には亡くなってしまう。強羅の一件から2年目の夏だった。(実際は1910年の箱根大洪水から1916年の死去まで約6年である)
  • 恒川が岡田にあてた遺書には「自分の死後、君は萬龍の一切をみてやつてくれまいか。もしできるなら、萬龍と結婚してやつてくれ」とあった。恒川の後を追うことを考えていた萬龍だったが、結局、岡田のプロポーズを受け入れ、再婚した。(恒川の遺書というのも他の記録にない話である。恒川は急死したそうなので、遺書を書く暇はなかったのでは?)

続きを読む "『名流婦人情史』と萬龍"

| | コメント (1)

2020.09.05

『近代美人伝』と萬龍 補遺

長谷川時雨(1879-1941)と言えば、江戸の面影が残る明治時代の下町を活写した『旧聞日本橋』で知られている。元々は劇作家で、六代目尾上菊五郎のために書いた舞踏劇「江島生島」などは今日でも上演されている。

6nihon01xtgs7dgtl 長年にわたって「美人伝」と題した女性の評伝を書いており、「美人伝の時雨(しぐれ)」と呼ばれたそうだ。その一部をまとめた『近代美人伝』(1936年2月、サイレン社)には、マダム貞奴、樋口一葉、新橋のぽんた、萬龍など、20人の「美人伝」が収められている。
萬龍の章の初出は1919年(婦人画報2月号)で、岡田信一郎と再婚した後である。

※岩波文庫版『近代美人伝』では、残念なことに萬龍の章は省略されてしまっているので注意。

続きを読む "『近代美人伝』と萬龍 補遺"

| | コメント (0)

2020.06.01

OSN146岡田夫人(萬龍)年表

Manryun このブログでは岡田信一郎をテーマにあれこれ書いている。夫人の静(もと赤坂芸妓の萬龍)のことも逸する訳にはいかないのだが、80年の生涯のうち、岡田とともに過ごしたのは16年ほどしかない。一方、夫人についてはまだ不明な部分が多く、うっかりすると岡田に直接関係のない話が延々続くことになりかねない。

概要はWikipedia「萬龍」と、以下の年表を見てもらうとして、岡田信一郎との関わりについては別の記事で書くことにしたい。(年齢は数え年)

続きを読む "OSN146岡田夫人(萬龍)年表"

| | コメント (0)

2020.05.01

OSN145照葉と萬龍

萬龍さん(岡田信一郎夫人)関連の資料を探していて、「照葉」という芸妓のことが気になった。
照葉は1896年(明治29年)生まれ。明治の終わり頃、萬龍と同様、絵葉書美人として評判を取った新橋芸妓である。
Sincho61musnk7ylもとは大阪におり、千代葉の名で芸妓に出ていた。(数え)16歳のとき、男への義理立てから自分の小指を切り落とす、という事件を起こし、大阪に居づらくなり、東京へ出てきた。
事件の顛末が新聞の連載記事(「恋の照葉」東京日日1911.9.11-10.4)に取り上げられ、世間の同情を集めることになった。記事を書いたのは、かつて「萬龍物語」を書いた名物記者、小野賢一郎である。

照葉は人気芸妓となり、桂太郎や西園寺公望らからも贔屓にされた。
後に、相場師の小田某と結婚し、夫婦でアメリカに出かけ、帰国後は映画女優になった。一見派手だが、内実は不幸な結婚生活で、自殺未遂や家出を繰り返し、結局は離婚した。
自伝『照葉懺悔』を執筆して作家を目指したり、大阪でバー「テルハの酒場」を開いたりするが行き詰まり、過去の過ちを悔いるようになった。1934年(昭和9年)、仏門に入り、高岡智照と名乗る。

嵯峨野・祇王寺の庵主になり、戦後はラジオ、テレビにも出演。瀬戸内晴美(寂聴)の小説『女徳』(1963年)のモデルになるなど、有名人であった。

続きを読む "OSN145照葉と萬龍"

| | コメント (0)

2020.04.14

OSN144スペイン風邪の記

第一次世界大戦末期の1918年夏頃から、世界各地でスペイン風邪が流行し、多くの犠牲者を出した。
日本でも流行し、有名人では文学者の島村抱月、また建築家では辰野金吾や後藤慶二がスペイン風邪で亡くなったと言われている。以前の記事で岡田信一郎もスペイン風邪にかかったのではないかと書いたが、当時の流行の状況など詳しいことは未だ調べていなかった。
Kaze目下図書館も閉まっており十分な資料はないが、『流行性感冒』(内務省衛生局、1922)などを参考に一応書いてみたい。
(画像は当時のポスター。マスクをしないと「バイキン」を吸い込んでしまう、という警告らしい)

スペイン風邪が日本で大流行したのは1918年(大正7年)10月以降である。翌年3月までが第一波、その年の12月から翌年3月あたりが第二波、その次が第三波とされている。約2,380万人が感染したとされ、当時の人口約5,500万人の4割を超える。

第一波は患者数・死者数とも多かった。第二波は第一波で感染しなかった者が多く感染したという。患者数は減少しているが症状が重く、死亡率は高まった。第三波は比較的軽微であり、これ以降の流行は見られない。集団免疫を獲得した、ということだろうか。

岡田が「感冒」にかかったのは1918年10月下旬で、流行の初期に当たる。ちなみに、当時の首相・原敬も10月26日に発熱し、風邪が全快するまで1か月ほどかかったという。

島村抱月(11月5日)、後藤慶二(1919年2月3日)、辰野金吾(同3月25日)の逝去は第一波の期間にあたる。

続きを読む "OSN144スペイン風邪の記"

| | コメント (0)

2020.03.31

OSN143明治生命館余話

1月以来、明治生命館に関わることを書き連ねてきた。この建物は重要文化財に指定され、既に多くの建築史家の方々が論じているが、自分なりに気になるところを書いてみた。
(重要な部分が相当抜けているので、『図録明治生命館』や野村和宣氏の『生まれ変わる歴史的建造物』などを参照してください)

ちょうど書いている最中に「静嘉堂文庫の美術館ギャラリーが、2022年に明治生命館1階へ移転」というニュースも入ってきた。その後の公開方法がどうなるのか、少々気になるところだが。

建設工事途中で岡田捷五郎に召集令状が届いたことなど、まだ謎は残っているが、このあたりで区切りとし、別の機会にしたい。
最後にいくつか補足を。

Ginza ■工事記録映像
明治生命館2階の資料・展示室で建設工事(1930-1934年)の様子を捉えた映像を流しているので、ご覧になった方も多いと思う。
クレーン、スチームハンマーなど建設工事の機械化が進む一方、まだ人力に多く頼っていたことが伺える貴重な映像資料である。残念なのは、解説が付いていないので何をやっているのかよくわからない部分があること。
そこで、工事記録映像の私的メモを作ってみた。
(暫定版なので詳しい方がいればご教示ください)

Hgenkan■旧館部材の行方
旧館(三菱二号館)の取壊しに際して、2か所の「玄関のアーチ型入口は、原型のまゝを東京美術学校及び横浜高等工業学校に寄贈し永久に現存せらるゝ事となつた」との記載が『六十年史』にある。
既に90年経っており、学校の組織自体も変わっているが、どうなっているのだろうか。

東京美術学校(現東京芸術大学)は岡田信一郎が教壇に立っていた関係で部材を引き取ったと思われる。
大正時代に建てられた校舎(文部省設計、1914年竣工)の外壁に保存部材が取り付けられていた。実際に取り付けるところまで、岡田が見届けたのかどうかは不明だが。
Bikou01
(画像は練馬区立美術館の『大沢三之助展』ちらしより)
この校舎は既に取り壊されており、部材はしばらく放置されていたようであるが、現在は明治村に移されている。
ブログ記事「近代建築物の宝庫!明治村」(たらよろさん)の7枚目に円柱部分の画像がある。(この他にも明治村でペディメント部分を見た気がする?)

横浜高等工業学校は横浜国立大学工学部の前身である。曽禰中條事務所にいた中村順平(建築学科主任教授)の縁で部材を引き取ったのであろう。かつて工業学校があった敷地は現在の横浜国立大学教育学部附属横浜中学校で、1938年に建てられた工業学校の校舎が現存している。
二号館の部材がどこに置かれたのか、現状どうなっているのかは不明。(情報求む)

0kabeimg_2115■壁のモニュメント
明治生命館の北側スペース(皇居側から見て左側、ガラス屋根のかかるアトリウム部分)に、切り取られた壁の一部が置いてあり、建築業協会賞、建築学会賞などのプレートが付いている。

明治生命館一帯の街区再開発が行われる前には、地下駐車場に降りるスロープがあった。スロープに沿って造られた壁の一部(駐車場に入る直前の左側)をモニュメントにしたものである。

本館の壁は、中に鉄骨が入るSRC造だが、ここは建物の外でRC造になっている。構造は違うが、当時の工法を示す事例として参考になる。
壁の外側は花崗岩を積んでいる。壁の内側は擬石仕上げだが、現場打ちではなく、予めブロック状に造っておき、石と同様に積み上げていったのであろう(多分)。
鉄筋を組み、花崗岩と擬石を一段づつ据えながら、コンクリートを流し込んで壁を作っていると思う。
(スロープがあった名残りも、近くに残っているので探してみてください)

| | コメント (0)

2020.03.30

OSN142アメリカの保険会社(追記)

Metroimg_0661(その1)前回紹介した「ホームオフヰス訪問」が掲載された『生命保険経営』は、アメリカ帰りの生命保険関係者(日本生命の国崎裕、帝国生命の藤川博、明治生命の牧野亀治郎)らが創立した生命保険経営学会の機関誌である。

当時、近代的経営を学ぶために各社では社員(職員)をアメリカに派遣していた。
同誌の1931年9月号には生田武夫氏(簡易保険局)の「外遊雑記」という記事が載っている。英・米の生命保険会社を探訪した経験談だが、これを読む限り、アメリカの保険会社はかなり親切に対応している印象である。後進国の日本に対して、まだ友好的な時期だったということか。
(画像はニューヨークのメトロポリタン生命保険)

続きを読む "OSN142アメリカの保険会社(追記)"

| | コメント (0)

2020.03.23

OSN141アメリカの保険会社

昭和初期の『生命保険経営』誌に「ホーム・オフヰス紹介」という記事が連載(1930-1934年)されていることに、つい最近気が付いた。アメリカにある保険会社23社のホームオフィス(本社)を写真入りで紹介したもので、創業から当時の経営状況、社屋の建築概要を記している。
執筆者の「本郷曙」は筆名で、連載の最後に明治生命保険の稲田勤であることを明かしている(出身地が本郷曙町)。1930年(昭和5年)に留学から帰国した稲田が、集めた資料や見聞をもとに執筆したものである。

稲田の後年の回想に「[1929年] 岡田信一郎氏の弟の捷五郎氏がわざわざアメリカにやって来て、有名な保険会社の内部設備や室内装飾を見たいというので、これはと思う会社はみんな案内して回りました」とある(「稲田勤と明治生命館」に引用)。
稲田と捷五郎が見て回った保険会社について、これまで具体的なことは不明だったが、連載に取り上げたのは稲田自身が興味を持って見た会社(=これはと思う会社)のはずだから、この中に視察先が含まれている可能性は高いと思う。

マサチューセッツ生命保険相互会社
Massachusetts Mutual Life Insurance Co.
Springfield, Massachusetts
1927年竣工(現存)
参考】(画像出典)
Massachusetts_mutual_life_insurance_comp


連載第1回はマサチューセッツ生命保険である。この社屋については『生命保険経営』誌でも何度か取り上げられており(稲田の記事の他にも1929年6月、1931年7月、1960年7月)、関係者の間でよく知られていたようだ。(文末で私見を記す)
他の22社は以下のとおりである。

続きを読む "OSN141アメリカの保険会社"

| | コメント (0)

2020.03.20

OSN140稲田勤と明治生命館

Scan001  Scan001_20200316210501
明治生命館に関わりの深い人物として、稲田勤氏(戦後に明治生命社長)のことを書いておきたい。もっとも、稲田氏が岡田信一郎と直接関わる場面はなかったかもしれないのだが。
(画像は稲田氏が描いた「空」と「横綱」。以下、敬称略)

稲田勤(1898-1976年)は東京生まれで、慶応義塾の理財科を出ており、阿部章蔵(水上瀧太郎)の後輩に当たる。スポーツ好きで、相撲の選手だった。
1922年の卒業後は明治生命に入社した。アメリカ留学を命じられ、1928年から1930年までフィラデルフィアに滞在。ペンシルベニア大学のヒーブナー博士(Dr. Solomon Stephen Huebner、1882-1964年)が主宰する夜間大学で生命保険学を学び、大学院にも通い、保険会社に行ってアメリカ式経営を視察した。

ちょうどその頃、岡田信一郎が明治生命館の設計を行うことになり、弟の岡田捷五郎をアメリカ視察に向かわせた。
後年の稲田の発言から引用する。(稲田『随筆 出張日記 その他』1961年)

私がちょうどアメリカに留学していたとき、岡田信一郎氏の弟の捷五郎氏がわざわざアメリカにやって来て、有名な保険会社の内部設備や室内装飾を見たいというので、これはと思う会社はみんな案内して回りました。そのため帰国を三ヵ月ばかり延ばして、シカゴ、ニューヨークからカナダにかけて視察しました。(略)岡田氏の設計に当っての考え方は、勤務上便利なこと、広告価値のあること、職員のモラール(士気)を高揚するものであること、などにあったようです。

続きを読む "OSN140稲田勤と明治生命館"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧