岡田信一郎の謎

ブログの更新も滞りがちな今日この頃。
思い立ってこれから、建築家・岡田信一郎氏をめぐる謎について、書いてみます。

謎といっても、自分にとって謎、ということ。素人ゆえ、建築史上どうなのか、といったことはわかりません。
また、調べ方が悪くてわからない、というだけで、書いているうちに謎が解けることもあると思います。

なお、岡田信一郎については「日本の建築 明治大正昭和」シリーズの8巻「様式美の挽歌」(1982年)に評伝があり、年譜もついているので、岡田信一郎に関心のある方はまず読んでください。 (2011.10.20記)

 新しい方から | はじめから | (旧作)月刊岡田信一郎


40回以上書いてきましたが、話があちこち飛んでまとまらず、読みづらい文章になっていると思います。どうもすいません。もうしばらく続く予定です。 (2011.12.9記)

4月4日は岡田信一郎没後80年となります。70回以上続きましたが、相変わらず話があちこち飛んでいます。
まだしばらく続きます。 (2012.4.1記)

岡田夫人(もと萬龍)について、まだ知られざる側面もあると思いますが、どのように書けばよいのか、思案中です。 (2012.6.28記)

3年以上かかって、ようやく100回に達しそうです(あと2回分、手直し中)。連載ものといっても、長短バラバラだし、展開に一貫性はないし、冷や汗ものです。一体何を言っているのかわからない方もいると思いますが、この場を借りておわびします。
そう言えば、まだ岡田夫人についても書けていませんね。 (2014.12.29記)

コメント

近々 萬龍のポスターに逢ってきたいと思ってますhappy01

投稿: ^^ | 2012.12.07 08:40

萬龍さんネタはまだ書けていませんね…

ポスターはもしや三越ですか?(三越模型を持ったポスターは、三越の所蔵で、以前江戸東京博物館に展示されてました)

Webサイトの検索ではこんなページがありました。
http://nakaco.sblo.jp/article/52954291.html

投稿: 岡田ファン | 2012.12.08 22:29

突然のコメントで軽々しく失礼いたしました。

そうです、三越の・・・     
大切に 保管されているそうです(o^-^o)

で、  逢うことはできませんでした(残念)


私の知らない事 
もっともっと知りたいです
でも   よく御存じですね びっくり^^

これからも 楽しみにしています^^

投稿: ^^ | 2012.12.25 21:03

 他のサイトで白鴎高校卒業と拝見しました。私も1981年(白鴎33期卒)です。

 白鴎高校の旧校舎も岡田信一郎先生の設計(1927年)とのことですが、シンボルとなっていた時計塔が、「アルモンドタワー」と呼ばれていたことの由来を、もしご存知でしたらご教授くださいませんでしょうか?

投稿: 内山 隆司 | 2014.05.31 18:17

コメントありがとうございます。
県立高出身ですので、白鴎高とは直接関係はないのです…。
タワーの名の由来、正確なところは不明ですが、頂上部分の形がアーモンド型だから?…かと思っていました(..ゞ

投稿: 岡田ファン | 2014.06.04 01:17

近代建築探検家クラブ

毎月、第二土曜日、現地に集まり、関西の
近代建築物 の都市散策をしています。
入会費、年会費は無料です。
交通費、昼食費は個人負担です。
ガイドブックに掲載されていない近代建築物も
多数見てまわっています。
月例会コースとして180コースを用意しており、
市区町村別のコースガイドブックの作成を目標に
しています。
街歩きを通じて近代建築物の保存及び活用
を目指しています。

https://groups.google.com/d/forum/kintan

bikara_8@yahoo.co.jp

投稿: びから | 2014.12.28 14:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)