« たばこと塩の博物館 | トップページ | 京都の村井別邸など »

2021.02.01

OSN149山王荘の園遊会

1920年(大正9年)4月10日・11日、永田町の山王荘で園遊会が開かれた。
山王荘は実業家・村井吉兵衛が再婚を機に建設した純和風の大邸宅である。園遊会は山王荘の新築披露と、結婚披露を兼ねており、首相の原敬をはじめ、閣僚や渋沢栄一といった政財界の名士らが多数出席した。

筆者(私)は以前から山王荘と岡田信一郎の関わりを調べてきたのだが、肝心なところが今一つわからず、もどかしく思っていた。(村井吉兵衛邸(山王荘)をめぐって

Blimg_5661たばこと塩の博物館で先日まで開催されていた特別展「明治のたばこ王 村井吉兵衛」に、園遊会の招待客名簿(*)が出ていた。
ふと「岡田は招待されていたのだろうか?」と思いつき、問い合わせたところ、資料の所有者と博物館(学芸員・青木然氏)のご厚意により名簿の複写を閲覧することができた。
Bl892_001招待者名簿にはやはり岡田信一郎の名前が載っていた。山王荘の建設に関わった武田五一(名簿の表記は「名古や高等工業長 武田吾市」)と小林富蔵のほか、ガーディナー、吉武長一、戸田利兵衛(戸田組)、清水釘吉、清水満之助(清水組)、伊東忠太(伊藤と誤記)、横河民輔といった建築関係者の名もあった。

ガーディナーは長楽館などの邸宅を、吉武は村井銀行の本店・支店や村井邸洋館を設計しており、いずれも村井家にゆかりの建築家である。戸田組は村井銀行本店を、清水組は村井銀行の支店や村井邸洋館を施工している。
伊東は「大倉集古館学芸委員」の肩書きがあるので、大倉集古館関係者として招待されたのだろうか。村井吉兵衛は財団法人大倉集古館の監事を務めていた。
横河は当時建設中の日本工業倶楽部会館の設計者である(清水組施工でこの年11月竣工)。村井は工業倶楽部の建築委員を務めており、その関係で招待したのかもしれない。
また、岡田と親しい人物としては、正木直彦(東京美術学校校長)、黒田清輝(同教授、洋画家)、鳩山一郎(政治家)らの名があった。

4月10日の園遊会は原首相らも出席して盛大に行われたが、11日は会社関係者などやや内輪の会だったようだ。先に名を挙げた中で、戸田と吉武が11日の出席、他は10日の出席である(清水満之助は招待されたが欠席したらしい)。

以前の記事にも書いたように、岡田信一郎が山王荘の建設に関わったとしている文献は『山王荘図集』だけで、一次史料の裏付けに欠ける状態であった。
今回、山王荘の園遊会に岡田が招待されていたことが判明し、招待者名簿は『山王荘図集』の記述を裏付ける資料になると思う。

(*)特別展「明治のたばこ王村井吉兵衛」(たばこと塩の博物館にて2020年10月31日から2021年1月24日まで開催)展示資料(個人蔵)


(補足)別の記事で、山王荘にあった3席の茶室の行方について書いたが、以下の点を補足しておく。(たばこ史研究124号、中村由紀子氏論文を参照)

・山王荘の建物は1927年8月、競売にかけられ、冬青園の所有となった。後に冬青園から延暦寺へ譲渡されるが、その際に斡旋したのが大倉喜八郎だという。(大倉喜八郎は1928年4月に逝去しているので、実際に動いたのは後継者の喜七郎だったかもしれない)
・3席の茶室は赤坂の大倉邸に移築された。
・後に茶室は大倉邸から根津嘉一郎邸に移され、現在は根津美術館の弘仁亭、無事庵、閑中庵となっている。(閑中庵は未見)

ちなみに大倉喜八郎、根津嘉一郎がともに4月10日の園遊会に招待されていたのは、ちょっとした因縁である。

| |

« たばこと塩の博物館 | トップページ | 京都の村井別邸など »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« たばこと塩の博物館 | トップページ | 京都の村井別邸など »