« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »

2021年2月の3件の記事

2021.02.27

原宿駅の様子202102

Blimg_6545 既に駅舎の大部分が撤去されていました(2/23現在)。

| | | コメント (0)

2021.02.11

京都の村井別邸など

京都に村井吉兵衛ゆかりの建物を訪ねます。
Blimg_6445 Blimg_6432
八坂神社の裏手にある長楽館は元の村井吉兵衛別邸で、京都を代表する優美な西洋館です。
洋館はレストラン、カフェになっており、村井邸当時の家具も多く残されています。
ガーディナー設計、清水組施工、1909年(明治42年)、京都市有形文化財。

Blimg_6450ついでに眺めておきたいのが村井邸の東側にある元の大倉喜八郎別邸・真葛荘。
祇園祭の山鉾を模したと言われるRC造の塔が特徴的。(Wikipediaには「銅閣」と書いてありますが…?)
現在は大雲院というお寺になっており、書院も残っています。
伊東忠太設計、大倉土木施工、1927年(昭和2年)、国登録文化財。
Blimg_6478八坂神社から四条通りを歩くと目にとまるのが、村井銀行祇園支店だった建物。
現在はCANDY SHOW TIMEという店になっています。
吉武長一設計、清水組施工、1913年(大正2年)、国登録文化財。
(京都市内には同じ吉武設計の五条支店、七条支店もあります)

| | | コメント (0)

2021.02.01

OSN149山王荘の園遊会

1920年(大正9年)4月10日・11日、永田町の山王荘で園遊会が開かれた。
山王荘は実業家・村井吉兵衛が再婚を機に建設した純和風の大邸宅である。園遊会は山王荘の新築披露と、結婚披露を兼ねており、首相の原敬をはじめ、閣僚や渋沢栄一といった政財界の名士らが多数出席した。

筆者(私)は以前から山王荘と岡田信一郎の関わりを調べてきたのだが、肝心なところが今一つわからず、もどかしく思っていた。(村井吉兵衛邸(山王荘)をめぐって

Blimg_5661たばこと塩の博物館で先日まで開催されていた特別展「明治のたばこ王 村井吉兵衛」に、園遊会の招待客名簿(*)が出ていた。
ふと「岡田は招待されていたのだろうか?」と思いつき、問い合わせたところ、資料の所有者と博物館(学芸員・青木然氏)のご厚意により名簿の複写を閲覧することができた。
Bl892_001招待者名簿にはやはり岡田信一郎の名前が載っていた。山王荘の建設に関わった武田五一(名簿の表記は「名古や高等工業長 武田吾市」)と小林富蔵のほか、ガーディナー、吉武長一、戸田利兵衛(戸田組)、清水釘吉、清水満之助(清水組)、伊東忠太(伊藤と誤記)、横河民輔といった建築関係者の名もあった。

続きを読む "OSN149山王荘の園遊会"

| | | コメント (0)

« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »