« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »

2020年11月の11件の記事

2020.11.28

ちちぶ銘仙館(秩父工業試験場)

Blimg_2954 昭和5年に開設された旧秩父工業試験場の建物(本館、工場棟)が残っており、現在はちちぶ銘仙館として公開されています。
公式サイト
Blimg_2976Blimg_2960
本館は事務棟で1930年竣工。応接室や会議室がいい感じ。玄関付近にF.L.ライト風の装飾も見られます。
Blimg_2978Blimg_2951
Blimg_2967ノコギリ屋根もある工場棟は1934年竣工。ここで実習も行われており、実際に使っている点が素晴らしいと感じました。

| | | コメント (0)

2020.11.25

秩父の街並み

Blimg_2990秩父で見たかったのが観光ポスターに登場していたこの建物。
一見、アールデコのカフェー風といった趣きのある小池煙草店(現在休業の模様)。
Blimg_2988向かい合って建つのは元旅館(旧大月旅館別館)。色使いがいいです。
Blimg_2993近くの洋食店、カフェ・パリー。屋号にニヤっとさせられますが、中はふつうの古い食堂です。名物なのかオムライスを注文する人が多いようでした。
登録文化財が多く、医院建築や、和風の商家も多く残っています。レトロ系の好きな人にはお勧めです。(7月に訪問)
Blimg_3052 Blimg_3038

| | | コメント (0)

2020.11.19

秩父国際劇場

秩父に戦前の映画館が残っている、と聞いて行ってみました。

Blimg_3027 現在はレストランになっています。正面部分は戦後の改修で、浅草国際劇場を模したものだとか。
Blimg_3031背後を見て「これは新築では?」と思って中は見なかったのですが、お店の公式サイトなどによると、前身は1900年に建てられた芝居小屋の「秩父座」で、小屋組(トラス?)が残してあるそうです。
早合点でした。

| | | コメント (1)

2020.11.17

山田醇の住宅(秩父)

Blimg_3002そう言えば、秩父散策をしていたときに見かけた家が「山田醇っぽいな」と思って、後で調べたら、本当に山田設計の住宅でした(登録有形文化財)。
秩父神社への通り道にあります。
Blimg_3006山田は秩父出身だったので、地元の縁で設計を引き受けたのかもしれません。
和風っぽいハーフティンバーが特徴的です。
(7月に撮影)

| | | コメント (0)

2020.11.15

山田醇の住宅

Blimg_5286代々木上原で見かけた山田醇設計の住宅作品。
ちょっと和風テイストのハーフティンバーで、屋根に特徴がある。「あ、山田醇だ」とすぐわかる。

| | | コメント (0)

2020.11.13

建築の黙示録的風景

Blimg_5296 Blimg_5290
思いがけず、廃墟美を感じる瞬間に出会いました。
(10月下旬、都内某所にて)
現在は既に更地になってます。

| | | コメント (0)

2020.11.12

奈良監獄ホテル

Narakei
そう言えば、奈良少年刑務所の跡地をホテルにする事業ですが、当初は2021年開業の予定だったのが、2024年に伸びるようです。
星野リゾートのプレスリリース

旧奈良監獄は重要文化財に指定されていますので、建物は当面このまま残ることになるのでしょうが…。

あと、ごく個人的な話ですが、申込んでいた今年3月の見学会がコロナ禍で中止となってしまったので、この際また開催してもらえれば有り難いと思います。
(画像は以前の記事より)

| | | コメント (0)

2020.11.10

横浜市庁舎

Blimg_5469 Blimg_5461
新しい市庁舎に移転したため、関内駅前の旧庁舎は閉鎖されています。
議会棟は取り壊し、横浜スタジアムに面した8階建の行政棟は改修してホテルにするという計画があるようです。
朝日新聞記事(2019年9月5日)

村野・森建築事務所(村野藤吾)の設計で、1959年の竣工。建設当時はまだ根岸線が開通しておらず、運河だったということです。
移転に合わせて、村野藤吾展が開催されています(12月27日まで)。
村野藤吾展

| | | コメント (0)

2020.11.08

西川ビル、東海ビル

Blimg_5392野村証券から西川ビル(高橋貞太郎の戦後作品)あたりまでの一帯が再開発区域になっています。
Blimg_5393 御幸ビル(旧東海ビル、1975年、日建設計)はかつての村井銀行跡に建てられています。
ペディメント付きの通用口は村井銀行(1914年、吉武長一設計)の部材を再利用したもので、ビルの内部にはコリント式オーダー等の部材も残っていました(このあたりの経緯は長谷川尭『建築の生と死』p87-96)。
これらも瓦礫となってしまうのでしょうか。

| | | コメント (0)

2020.11.02

野村證券本社

Blimg_5389 日本橋一丁目の再開発事業による一帯の解体工事が始まるようです。
日本橋川に面した野村証券本社(日本橋野村ビル旧館、安井武雄設計、1930年)については、保存される見込みです。(ただし戦後に増築された部分は取壊し)

少し前のものですが、都市再生特別地区の都市計画決定時の資料によれば、全体を免震化し、構造を補強して一部フロア柱を撤去する等の工事を行うようです。
Nomura
都市再生特別地区(日本橋一丁目中地区)都市計画(素案)の概要より(※2018年以前の資料)

日本橋川を覆う高速道路の地下化が完成するのは「2040年」(!)という話もありますので、当分の間は高速道路と超高層ビルにはさまれた感じになるのでしょう。

| | | コメント (0)

2020.11.01

原宿駅の様子202011

Blimg_5340 全体が足場とネットで覆われてきました。間もなく取壊し作業が進むものと思われます。
Blimg_5332 Blimg_5338
以前の記事

| | | コメント (0)

« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »