« 桃山展(東博) | トップページ | 旧館を知る(東京都美術館) »

2020.10.20

探幽「漢武帝図」など

東京国立博物館本館8室(安土桃山-江戸)の展示に狩野探幽の作品が出ていました。
Blimg_5275一つは「漢武帝・西王母・長伯房図」3幅で、岡田信一郎の旧蔵品。1932年12月、岡田の逝去後に遺族から帝室博物館に寄贈されたものです。
Blimg_5277隣りにあった「山水図屏風」は西脇健治(実業家)旧蔵。数年前に取り壊された岡田の住宅作品・西脇邸の施主です。
2人の旧蔵品が並んでいたのは偶然と思いますが、岡田ファンとしては奇遇に感じる出来事でした。(展示期間11月1日まで)

以前の関連記事(大観「雨後」愛染明王像

| |

« 桃山展(東博) | トップページ | 旧館を知る(東京都美術館) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 桃山展(東博) | トップページ | 旧館を知る(東京都美術館) »