« 簡易保険局の取壊し | トップページ | 『近代美人伝』と萬龍 補遺 »

2020.09.03

としまえんが閉園

8月31日で、としまえんが閉園しました。跡地は公園やハリーポッターのテーマパークになるのだとか。
としまえんと言えば大昔に行っただけですが、建築好きとして気になるところがあって見てきました。

_kojoimg_3763 1つ目は、入口の左手にある古城ホール(入園しなくても見られました。中には入れず)。何年か前に見た時よりも、塗りなおしてきれいになっているのは、映画撮影をしていたせいでしょうか?
もっとも、古城に向かう階段は古ぼけたままでした。
豊島園の開園当初からあったのではないかと思いますが、中々味のある建物なので、できればこのまま残してもらいたいところです。

もう1つは回転木馬・カルーセル エルドラド。1907年、ミュンヘンのオクトーバーフェストで披露されて以来、ヨーロッパ各地を回り、1911年にニューヨークのコニーアイランドへ移設。1964年にコニーアイランドが閉園した後、1971年から豊島園で稼働、という経緯があります。
公式サイト

_erimg_3838 _eruimg_3834
_erimg_3802 _erimg_3793
行った日には約40分待ちで、木馬が回っている時間は2分ほど。一番奥に乗ったら、予想以上に回転が早く、目が回りました。
機械としてはたぶん単純な仕組みだろうと思いますが、ミュシャを思わせるアールヌーヴォーの装飾を見ていると、当時の人々の見た夢を垣間見たような気がしました。

エルドラドは2010年、機械遺産に認定されており、無下に扱われることはないと思いますが、将来どうなるのか気がかりなことです。(いったん解体して保管するそうです)

以前の記事

|

« 簡易保険局の取壊し | トップページ | 『近代美人伝』と萬龍 補遺 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 簡易保険局の取壊し | トップページ | 『近代美人伝』と萬龍 補遺 »