« ハーフティンバーの駅舎 | トップページ | 山田守のこと »

2020.08.31

ハーフティンバー駅舎の前史

前回、ハーフティンバー駅舎の鎌倉駅が原宿駅のデザインに影響を与えたことを書きました。小野田滋氏は鎌倉駅からさらに遡って、明治中期の官庁集中計画のドイツ系デザインとの関連で論じています。

Tetsudoin2 鎌倉駅を設計した上野肇は、これより先に鉄道院仮庁舎(1910年)を設計したと言われています。これもハーフティンバーのデザインで、中央にある2つの塔が特徴的です。
上野が大学を卒業するのは1909年(明治42年)7月なので、大学を出てすぐに担当した作品ということになります。

Teisin12238_161723111212134615210_900 小野田氏はこの仮庁舎のデザインのもとになったのが逓信省仮庁舎(1907年)だとしています。これは木挽町の逓信省が火災にあった後、急遽建設したものですが、当時建設中だった東京駅・神田駅間の鉄道高架橋を利用しています。煉瓦アーチ部分を1階として、上にハーフティンバーの木造庁舎を載せたような体裁です。

設計したのは逓信技師の吉井茂則(京都の中京郵便局が代表作)。逓信省が鉄道事業を所管した時期もあった関係で、鉄道技師を兼任していました(二代目の大阪駅などを設計)。
鉄道施設の上に他の役所を建てるというのも特異な手法ですが、吉井が役所間の調整をまとめたのかもしれません(?)

吉井はドイツの建築家エンデ、ベックマンによる官庁集中計画の時代に臨時建築局に入り、議院建築(国会議事堂)の設計に関わっていました。結局、官庁集中計画は頓挫したため、議院建築は木造の仮建築とされました。

The_second_japnese_diet_hall_18911925初代の仮議事堂(1890年)は建設後間もなく火災で焼失したため、二代目の仮議事堂が約半年の突貫工事で建設されました(1891年)。吉井はこの工事に際して、ドイツ人技師オスカール・チーツェと共同設計でハーフティンバーのデザインを採用しています。仮とは言いながら、関東大震災を乗り越え、1925年火災にあうまで使われていました。

小野田滋氏は、「吉井が二代目国会仮議事堂でドイツ人建築家のチーツェからハーフティンバーの技法を学び、逓信省仮庁舎を経由して、鉄道院上野肇の鉄道院仮庁舎、鎌倉駅へと受け継がれ、鎌倉駅の現場を担当した長谷川馨によってさらに原宿駅へ継承されたことが推察される」としています。(前掲「大正浪漫の駅 原宿駅」)

※画像は小野田滋『高架鉄道と東京駅(上)』、文化遺産オンラインWikipediaより引用。

|

« ハーフティンバーの駅舎 | トップページ | 山田守のこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハーフティンバーの駅舎 | トップページ | 山田守のこと »