« 旧尾崎行雄邸 | トップページ | ハーフティンバーの駅舎 »

2020.08.23

旧原宿駅舎の取壊し

Haraimg_3610 旧原宿駅舎の取壊しが明日(8/24)から始まるそうで、記念撮影をしている方を多く見かけました。文化遺産と言っていい建物をなぜ残せないのか、と考えるとまったく情けない話です。
Haraimg_3622JR東日本側にも保存の声が多く寄せられたようで、8月7日に出されたニュースリリースでは「地域の皆さまに親しまれてきました旧駅舎は、防火地域に適した材料を用いて、外観を可能な限り再現し建替えを行ってまいります」とされています。
Hara789旧原宿駅舎の特徴は木部を現したハーフチンバーの造りで、確かにそのままでは耐火的に問題があるのでしょう。また、再現案を作っている建築関係者も限られた条件内で様々苦労されていることとは思いますが…。
(敷地の余裕もないことから、ただ表面だけそれらしくするのではないかと危惧されます)
どうにも釈然としないところです。

参考:JR東日本のニュースリリース(8/7)

|

« 旧尾崎行雄邸 | トップページ | ハーフティンバーの駅舎 »

コメント

コメントありがとうございます
取壊しも始まっているようで残念なことです

投稿: 岡田ファン | 2020.08.27 00:11

Blog阿房列車ピクトリアルをご覧いただきありがとうございます。私も近代建築は大好きなので、同blogにも数多く記事掲載していますが、一方で知らない間に取壊されてしまう建物に哀惜の情を抑えることができません。
同好の士として、ご要望の件承知しました。ただし、「Blog阿房列車ピクトリアルより」のクレジットを付してください。(コメントにメルアドがなかったため、勝手ながら本コメント欄を利用しました。ご容赦ください。)

投稿: Fuzzy | 2020.08.25 06:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 旧尾崎行雄邸 | トップページ | ハーフティンバーの駅舎 »