« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

2020年5月の1件の記事

2020.05.01

OSN145照葉と萬龍

萬龍さん(岡田信一郎夫人)関連の資料を探していて、「照葉」という芸妓のことが気になった。
照葉は1896年(明治29年)生まれ。明治の終わり頃、萬龍と同様、絵葉書美人として評判を取った新橋芸妓である。
Sincho61musnk7ylもとは大阪におり、千代葉の名で芸妓に出ていた。(数え)16歳のとき、男への義理立てから自分の小指を切り落とす、という事件を起こし、大阪に居づらくなり、東京へ出てきた。
事件の顛末が新聞の連載記事(「恋の照葉」東京日日1911.9.11-10.4)に取り上げられ、世間の同情を集めることになった。記事を書いたのは、かつて「萬龍物語」を書いた名物記者、小野賢一郎である。

照葉は人気芸妓となり、桂太郎や西園寺公望らからも贔屓にされた。
後に、相場師の小田某と結婚し、夫婦でアメリカに出かけ、帰国後は映画女優になった。一見派手だが、内実は不幸な結婚生活で、自殺未遂や家出を繰り返し、結局は離婚した。
自伝『照葉懺悔』を執筆して作家を目指したり、大阪でバー「テルハの酒場」を開いたりするが行き詰まり、過去の過ちを悔いるようになった。1934年(昭和9年)、仏門に入り、高岡智照と名乗る。

嵯峨野・祇王寺の庵主になり、戦後はラジオ、テレビにも出演。瀬戸内晴美(寂聴)の小説『女徳』(1963年)のモデルになるなど、有名人であった。

続きを読む "OSN145照葉と萬龍"

| | コメント (0)

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »