« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

2020年4月の1件の記事

2020.04.14

OSN144スペイン風邪の記

第一次世界大戦末期の1918年夏頃から、世界各地でスペイン風邪が流行し、多くの犠牲者を出した。
日本でも流行し、有名人では文学者の島村抱月、また建築家では辰野金吾や後藤慶二がスペイン風邪で亡くなったと言われている。以前の記事で岡田信一郎もスペイン風邪にかかったのではないかと書いたが、当時の流行の状況など詳しいことは未だ調べていなかった。
Kaze目下図書館も閉まっており十分な資料はないが、『流行性感冒』(内務省衛生局、1922)などを参考に一応書いてみたい。
(画像は当時のポスター。マスクをしないと「バイキン」を吸い込んでしまう、という警告らしい)

スペイン風邪が日本で大流行したのは1918年(大正7年)10月以降である。翌年3月までが第一波、その年の12月から翌年3月あたりが第二波、その次が第三波とされている。約2,380万人が感染したとされ、当時の人口約5,500万人の4割を超える。

第一波は患者数・死者数とも多かった。第二波は第一波で感染しなかった者が多く感染したという。患者数は減少しているが症状が重く、死亡率は高まった。第三波は比較的軽微であり、これ以降の流行は見られない。集団免疫を獲得した、ということだろうか。

岡田が「感冒」にかかったのは1918年10月下旬で、流行の初期に当たる。ちなみに、当時の首相・原敬も10月26日に発熱し、風邪が全快するまで1か月ほどかかったという。

島村抱月(11月5日)、後藤慶二(1919年2月3日)、辰野金吾(同3月25日)の逝去は第一波の期間にあたる。

続きを読む "OSN144スペイン風邪の記"

| | コメント (0)

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »