« OSN137三菱二号館取壊しの謎 | トップページ | OSN139阿部章蔵(水上瀧太郎) »

2020.03.08

OSN138渡辺仁

Daiichiimg_2590 渡辺仁(1887-1973年)は銀座和光や東京国立博物館(原案)などの設計者として知られている。人物紹介はINAX REPORTの特集記事(大川三雄氏、2010年)がわかりやすいだろう。東京帝国大学建築学科の出身で、岡田信一郎の6年下に当たる。
渡辺仁の言葉として、建築史家の佐々木宏氏が記しているものがある。佐々木氏は1961年に渡辺から話を聞いたという。(『真相の近代建築』)

設計競技では一等を狙って、徹底的に審査員の顔ぶれを研究した。目標とした建築家は岡田信一郎、設計競技の成果やデザインの多様性には敬服させられた。(略)意匠は「社会の要請」や「施主の意向」に応じるのが当然ではないか。

前の記事では渡辺仁が明治生命に提出した応募案(多分)を紹介した。それを見た上でこの言葉を読むと、渡辺は自分の案が保険会社側の意向に沿っていなかったことを思い知らされたのかもしれない、などと想像してしまう。
この後で、渡辺が第一生命館の設計に関与することも少々因縁めいている。第一生命館(1938年竣工)は渡辺仁、松本与作の共同設計とされ、「外観のデザインは、まず設計競技によって十点が選出され、それを参考にして渡辺仁が新たに設計し直した」(『建築探偵術入門』)。

第一生命館の基本計画は本社の営繕課長だった松本与作が既にまとめていた。1932年に行われた設計コンペで選出された10案は参考にされただけで、入選者は設計に関与していない。(コンペの審査員は、葛西萬司、横河民輔、桜井小太郎、佐藤功一、中條精一郎で、明治生命館のコンペに指名された建築家と重なっている)
渡辺仁が設計に加わるのは矢野恒太社長の判断によるもので、渡辺は石坂泰三専務の親戚という縁があった。
松本与作は建物の三方向をトスカナ風の列柱が並ぶアーケードで囲む案を作っていたというが、渡辺仁の設計により簡潔で風格あるデザインにまとめられた(伊藤ていじ『谷間の花が見えなかった時』)。

※当時の文献の表記は「渡邊仁」「松本與作」。

|

« OSN137三菱二号館取壊しの謎 | トップページ | OSN139阿部章蔵(水上瀧太郎) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« OSN137三菱二号館取壊しの謎 | トップページ | OSN139阿部章蔵(水上瀧太郎) »