« OSN142アメリカの保険会社(追記) | トップページ | OSN144スペイン風邪の記 »

2020.03.31

OSN143明治生命館余話

1月以来、明治生命館に関わることを書き連ねてきた。この建物は重要文化財に指定され、既に多くの建築史家の方々が論じているが、自分なりに気になるところを書いてみた。
(重要な部分が相当抜けているので、『図録明治生命館』や野村和宣氏の『生まれ変わる歴史的建造物』などを参照してください)

ちょうど書いている最中に「静嘉堂文庫の美術館ギャラリーが、2022年に明治生命館1階へ移転」というニュースも入ってきた。その後の公開方法がどうなるのか、少々気になるところだが。

建設工事途中で岡田捷五郎に召集令状が届いたことなど、まだ謎は残っているが、このあたりで区切りとし、別の機会にしたい。
最後にいくつか補足を。

Ginza ■工事記録映像
明治生命館2階の資料・展示室で建設工事(1930-1934年)の様子を捉えた映像を流しているので、ご覧になった方も多いと思う。
クレーン、スチームハンマーなど建設工事の機械化が進む一方、まだ人力に多く頼っていたことが伺える貴重な映像資料である。残念なのは、解説が付いていないので何をやっているのかよくわからない部分があること。
そこで、工事記録映像の私的メモを作ってみた。
(暫定版なので詳しい方がいればご教示ください)

Hgenkan■旧館部材の行方
旧館(三菱二号館)の取壊しに際して、2か所の「玄関のアーチ型入口は、原型のまゝを東京美術学校及び横浜高等工業学校に寄贈し永久に現存せらるゝ事となつた」との記載が『六十年史』にある。
既に90年経っており、学校の組織自体も変わっているが、どうなっているのだろうか。

東京美術学校(現東京芸術大学)は岡田信一郎が教壇に立っていた関係で部材を引き取ったと思われる。
大正時代に建てられた校舎(文部省設計、1914年竣工)の外壁に保存部材が取り付けられていた。実際に取り付けるところまで、岡田が見届けたのかどうかは不明だが。
Bikou01
(画像は練馬区立美術館の『大沢三之助展』ちらしより)
この校舎は既に取り壊されており、部材はしばらく放置されていたようであるが、現在は明治村に移されている。
ブログ記事「近代建築物の宝庫!明治村」(たらよろさん)の7枚目に円柱部分の画像がある。(この他にも明治村でペディメント部分を見た気がする?)

横浜高等工業学校は横浜国立大学工学部の前身である。曽禰中條事務所にいた中村順平(建築学科主任教授)の縁で部材を引き取ったのであろう。かつて工業学校があった敷地は現在の横浜国立大学教育学部附属横浜中学校で、1938年に建てられた工業学校の校舎が現存している。
二号館の部材がどこに置かれたのか、現状どうなっているのかは不明。(情報求む)

0kabeimg_2115■壁のモニュメント
明治生命館の北側スペース(皇居側から見て左側、ガラス屋根のかかるアトリウム部分)に、切り取られた壁の一部が置いてあり、建築業協会賞、建築学会賞などのプレートが付いている。

明治生命館一帯の街区再開発が行われる前には、地下駐車場に降りるスロープがあった。スロープに沿って造られた壁の一部(駐車場に入る直前の左側)をモニュメントにしたものである。

本館の壁は、中に鉄骨が入るSRC造だが、ここは建物の外でRC造になっている。構造は違うが、当時の工法を示す事例として参考になる。
壁の外側は花崗岩を積んでいる。壁の内側は擬石仕上げだが、現場打ちではなく、予めブロック状に造っておき、石と同様に積み上げていったのであろう(多分)。
鉄筋を組み、花崗岩と擬石を一段づつ据えながら、コンクリートを流し込んで壁を作っていると思う。
(スロープがあった名残りも、近くに残っているので探してみてください)

|

« OSN142アメリカの保険会社(追記) | トップページ | OSN144スペイン風邪の記 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« OSN142アメリカの保険会社(追記) | トップページ | OSN144スペイン風邪の記 »