« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

2020年2月の3件の記事

2020.02.29

OSN137三菱二号館取壊しの謎

2gouimg_1946明治生命保険の設計コンペの条件として、旧館(三菱二号館、1895年竣工、J.コンドル設計)を保存し、その隣りに高層の新館を建てることになっていたはずである。
実際には、旧館を取り壊して明治生命館が建てられたが、そこに至る経緯はどうだったのだろうか。基本史料はやはり『明治生命保険株式会社六十年史』になる。

■旧館の保存方針
『六十年史』によれば、新社屋の建設に関して社内では、(1)既存の社屋は震災の被害を受けておらず直ちに建替える必要はない、(2)建築美術上からもできるだけ保存したい、(3)隣接地に新館を建設し、将来旧館を取り壊した場合に、適宜増築できるようにしておけばよい、という方針でまとまっていた。(昭和3年時点)
応募案を審査する段階でも議論があったが、(a)旧館・新館の調和よりも、将来「新旧両敷地を掩う大建築が完成したる時」のことを基本に判定すること、また(b)「荘重、堅実 且美的外観を失はざる事」という方針で審査を行ったという。(昭和3年末~4年1月頃?)
いずれ旧館を取り壊す時期が来るまで当面は残しておこう、ということだが、(1)~(3)と(a)を比較すると、次第に将来の「大建築」に意識が寄ってきているように感じられる。

■応募案の関連資料
設計コンペの応募案については当時公表されておらず、現在も関連資料が何点か知られている程度である。(以前の記事で書いたことと重複する部分もあるが、再度内容を確認しておく)

続きを読む "OSN137三菱二号館取壊しの謎"

| | コメント (0)

2020.02.12

OSN136指名設計競技の謎

_meiseiimg_1939 明治生命館を建設する際の指名設計競技(コンペ)については以前の記事でも書いたが、不明な点が多い。
1928年に実施された設計コンペは、近江栄氏の労作『建築設計競技』にも全くふれられていないし、募集要項はどうだったのか、どのような案が提出されたのか、といった具体的な内容はほとんど知られていない。

■社史の説明
明治生命の社史『明治生命保険株式会社六十年史』(1942年)には次のように書かれている。
・明治生命保険株式会社では、関東大震災後の事業の拡大により新社屋の建設を決めた。そのために隣接地も購入した。
・建築顧問の曽禰達蔵に設計を依頼したが、曽禰は設計コンペの開催を主張し、建築家8名を推薦した。
・既存の社屋(旧館、三菱二号館)は関東大震災でも被害がなかった。当初は旧館をそのまま残し、とりあえず隣接地に新館を建てる計画だった。
・応募作品を審査した結果、岡田信一郎案が当選した。
・岡田は旧館を取壊し、敷地一体を使ったオフィスビルの建設を明治生命に進言した。
・岡田の提案が採用されて旧館は取り壊され、現在の明治生命館(1934年竣工)が建てられた。

■建築家の指名
設計コンペに参加する建築家が指名されたのは1928年(昭和3年)の秋(9月か10月上旬)と思われる。『日本建築士』1928年12月号の「某会社の新築設計案募集」という記事がこの設計コンペについてふれている。「某会社」とは明治生命保険株式会社である。

続きを読む "OSN136指名設計競技の謎"

| | コメント (1)

2020.02.06

OSN135街路建築

Bijoimg_2127週刊文春のグラビア「原色美女図鑑」の連載は1990年から現在まで続いているが、最も登場回数が多いのは観月ありさらしい。

初登場は13歳のときで、明治生命館の前でも撮影を行った(秋庭桂太氏撮影、1991年1月10日号)。歌手デビュー前でまだ無名だった頃である。

筆者(私)は同誌2010年4月8日号に再掲載された写真(上)を見て、「この建築[明治生命館]は はじめから欧米風のストリート・アーキテクチャー(街路建築)として建てられている」という桐敷真次郎氏の評言の意味がわかったような気がしたのである(『明治の建築』)。
設計者の岡田信一郎は、皇居側からの眺望(列柱)とともに、街路を行く歩行者の視点も意識していたのだと思う。

| | コメント (2)

« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »