« OSN133三井本館と明治生命館3 | トップページ

2020.01.14

OSN134モックアップの謎

Meiseicolum 左の写真は明治生命館の建設工事中に撮られたもの。鉄骨が組み上がり、壁は未だできていない状態で、円柱が1本立っている。現地に設置された原寸大のモックアップ(模型)である。

写真は工事を施工した竹中工務店が所蔵していたようで、1932年(昭和7年)5月の撮影だという。他に明治生命館の建設工事の様子を撮影した記録映像(16mmフィルム)があるが、同年5月5日に行われた定礎式のシーンより前に、このモックアップが映っている。
この写真と記録映像以外に文献史料が見当たらず、モックアップについては謎が多い。
■柱頭の渦巻
明治生命館のファサードを飾るコリント式円柱の柱頭を見ると、中央上部にある渦巻(volute)が交差している。ちょっと珍しいデザインかもしれない。(文末の補足を参照)
Meiseicap1Meiseiimg_2123

Meijishosai 工事の始まる直前に描かれた詳細図(左)では渦巻が交差していないので、工事の途中でデザインが変更されたことになる(詳細図は縮尺1/20で「昭和5年8月31日」の日付がある。工事は9月12日起工)。


柱頭部分については3パターンの原寸図が残っており、渦巻を交差させるかどうか、検討していた様子がうかがえる(『図面で見る都市建築の昭和』掲載)。
Capital3002

この図面に日付が記されていないのは残念である。(一般に)原寸図は施工の最終段階で書かれるもので、この場合はモックアップの製作を依頼する直前に作成されたものだろうと思う。手元にあるモックアップの写真では細かなところがよく見えないが、渦巻が交差しているように見える。

■モックアップの製作過程
先に歌舞伎座を建て替えるとき、原寸大(高さ9m)のモックアップを作り、細部の検討を行ったそうである(歌舞伎座の公式サイト「建替え現場から 外装モックアップ」参照)。
明治生命館のモックアップもデザインの要となる円柱の細部を確認するために作られた訳である。
おそらく石膏で造られているが、円柱部分が16mあるから、鉄骨に据え付けるのもそう簡単ではなさそうだ。
モックアップの製作自体に要する日数も見当が付かないが、仮に3か月かかるとすれば、次のような日程だっただろうか。

原寸図で装飾細部を検討(1932年1月頃?)→モックアップの製作依頼→製作期間→モックアップ完成(4月頃?)→現地に設置(5月5日の定礎式より前、5月初?)→石材工事に反映

岡田信一郎は前年の1931年4月以来、病気のためほとんど外出もできない状態になっていたが、自宅の病床で図面をチェックし、事務所員に指示を出していた。先に引用した柱頭の原寸図は事務所員に指示して描かせたものに違いなく、最終案(渦巻交差案)を決めたのも岡田であろう、と私(筆者)は推測している。
岡田は1932年4月4日に逝去しており、モックアップの立つ光景を目にすることはなかったと思う。

(補足)
コリント式で柱頭の渦巻が交差している先例を探してみたが、パラディオの『建築四書』(第4書第24章)に紹介されているカストルとポルルクス神殿(ナポリ)のものが近いだろうか。パラディオも異例だと思ったようで「ヴァリエーションが優美で自然なものであれば、建築家は、時には一般の慣例から離れても差し支えない」と述べている(桐敷真次郎訳)。
パラディオ当時はこの神殿の一部が残っていたが、1688年の地震で倒壊し、今は円柱2本が残っている由である(サン・パオロ・マッジョーレ教会 Basilica di San Paolo Maggiore のファサードに転用か?)。

|

« OSN133三井本館と明治生命館3 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« OSN133三井本館と明治生命館3 | トップページ