« サツキとメイの家 | トップページ | 国立駅舎の再建 »

2019.12.17

愛知県立芸術大学

吉村順三の代表作、愛知県立芸術大学を見てきました。
Aigeiimg_1544 Aigeiimg_1456
東部丘陵線(リニモ)の芸大通駅から徒歩10分ほどの場所。のどかな山の中にあり、途中いくつか沼地があるのが印象的です。
構内で初めに目に付く建物は芸術学棟で、住宅風の作品。この前の坂道をまっすぐ登ると、講義棟の前に出ます。
吉村の構想に基づくキャンバスの中心軸になるのがこの講義棟(1966年竣工)。
Aigeiimg_1534 Aigeiimg_1481 Aigeiimg_1486 Aigeiimg_1518_20191217000701 
Aigeiimg_1524 Aigeiimg_1513 Aigeiimg_1503 Aigeiimg_1465
講義棟は南北方向に長ーく伸びた建物です。竣工後50年以上になりますが、打放しコンクリートがほどよい古び方をしているように感じました。
1階部分はピロティになっており、ベンチや掲示板が置いてあります。2階部分は、教員用の部屋とトイレを除けばほとんど廊下だけです。3階には講義室が横に(8部屋)並んでいます。3階に廊下はなく、各室へ行くには2階から上がる(または隣の教室を通り抜ける)しかありません。

なぜこのようなプランになったのか。講義室は左右が窓で、自然を見下ろす開放的な感じ。長い廊下・ピロティは学生同士が顔を合わせるよう意図しているのかな、と想像しました。

大学の再整備計画により建替えの話があり、DOCOMOMO Japanから保存要望書(2010年1月)が出されました。その後、関係者の努力で吉村設計の建築群を保存することになったそうです(音楽学部は一部建替え済み)。講義棟にはエレベータもなく、よく保存が決まったものです。

|

« サツキとメイの家 | トップページ | 国立駅舎の再建 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サツキとメイの家 | トップページ | 国立駅舎の再建 »