« ハプスブルク展など | トップページ | カラヴァッジョ展(名古屋) »

2019.12.10

大嘗宮

Daiimg_1311大嘗宮の公開があったので見てきました(12月8日で公開終了)。

鳥居がいくつか立っており、神社建築の古い形式を残していると言われています(『日本建築史図集』)。造るのに19億円とか…。取壊し後については「木材の一部を、バイオマス発電の燃料などとして再利用」(朝日新聞12.9)、ということは結局燃やしてしまうようです。
Daiimg_1322 多くの建物が並んでますが、中核は儀式を行う悠紀殿と主基殿。掘立柱で板葺の屋根と素朴な造り。中の様子はうかがい知れません。

|

« ハプスブルク展など | トップページ | カラヴァッジョ展(名古屋) »

コメント

大嘗宮の間取の図面が時事ドットコムに載ってます。室内が2つに分かれています。
住吉大社の平面に似ているそうです。
(御座・神座は伊勢神宮の方向を向くそうなので、京都で大嘗祭を行ったときの配置とは違ってるはず)
https://www.jiji.com/jc/graphics?p=ve_soc_koushitsu20191114j-06-w430

投稿: 岡田ファン | 2019.12.28 23:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハプスブルク展など | トップページ | カラヴァッジョ展(名古屋) »