« 関根要太郎展 | トップページ | 大嘗宮 »

2019.11.23

ハプスブルク展など

今月はルネサンス以降の西洋絵画を目にする機会が多くありました。

Seibiimg_1063まず国立西洋美術館の「ハプスブルク展」(1月26日まで)。
ウィーンとブダペストからの出展で、ベラスケスの「マルガリータ王女」、ルブランの「マリー・アントワネット」が見どころです。ベラスケスの初期作品やジョルジョーネの肖像画が珍しいかも。(アルチンボルドは出ないのか)
Hujiimg_1073 次に東京富士美術館の「フランス絵画の精華」(1月19日まで)。
プッサンが5点出るとどこかで見て「これは行かねば」と思ったのですが、東京会場は2点だけで少々がっかりしました(大阪会場で素描含め4点)。フランスのアカデミーの歴史をたどる展示になってます。
この美術館のコレクションは日本で珍しく古典主義美術(印象派より前)が充実していて良いです(ただし宗教画は無い?)。 
Sibuimg_1113それからBunkamuraザ・ミュージアムの「リヒテンシュタイン侯爵家の至宝展」(12月23日まで)。
リヒテンシュタイン家はルーベンスのコレクションで有名だそうですが、ルーベンスの工房作「ペルセウスとアンドロメダ」が良いと思いました。他に習作が3点。

|

« 関根要太郎展 | トップページ | 大嘗宮 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 関根要太郎展 | トップページ | 大嘗宮 »