« 文学座アトリエ | トップページ | ノートルダム大聖堂が… »

2019.04.11

安立糺(南座)

Minamip1060454京都にある劇場、南座の設計者として、安立糺の名が挙げられています。(画像は2009年12月撮影)

安立は名古屋高等工業学校の出身です。同校の『創立二十五周年記念誌』(1931年)の「出身者概況」に、次のような記載があります。

明治四十三年建築科出身者(…)安立糺(福井)
明治四十三年四月-明治四十五年三月 島根県庁土木課奉職、明治四十五年三月-大正元年十二月 南海鉄道株式会社技師奉職、大正元年十二月 京都市役所奉職、大正七年 京都市技師建築係長、大正九年 建築課長(組織変更ノ為メ建築課独立)大正十四年八月 退職、昭和二年一月-現在 建築事務所自営 此ノ間大正四年建築学会正員、大正六年 日本建築協会々員、昭和三年 日本建築士会正員

安立が京都市在職中に京都市本庁舎(現存する三代目庁舎)の建設計画が進められます。本庁舎は京都市建築課が設計し、意匠を中野進一(大正13年京都帝国大学卒、京都市嘱託)が担当し、武田五一が顧問を務めたそうです(推測ですが、京都市からデザインを依頼された武田が、教え子の中野を推薦したのでは?)。
安立が建築課長在任中の大正14年(1925年)3月、本庁舎の第1期工事が着工します(2年後の昭和2年4月に竣工)。

*京都市情報館(市庁舎の沿革設計者

本庁舎の工事中の大正14年に京都市を退職したのは、疑獄事件に連座したため、ということです(川島智生「大正・昭和戦前期の京都市における鉄筋コンクリート造小学校建築の成立とその特徴について」、1998年)。

独立したばかりの安立が手がけた大仕事が南座の設計です。「南座改築工事概要」(1929年、京都府立総合資料館所蔵 )には「設計者:安立建築事務所、施工者:白波瀬工務店」とあります。ただ、棟札によると、設計施工は白波瀬工務店(店主白波瀬藤三郎)となっており、安立の名がないのは少々不審なところです。

(この記事は以前「歌舞伎座の和風意匠」のコメント欄に書いた内容をまとめたものです)

|

« 文学座アトリエ | トップページ | ノートルダム大聖堂が… »

コメント

京都市庁舎をデザインしたとされる中野進一について:
前にも紹介した川島智生氏の「大正・昭和戦前期の京都市における鉄筋コンクリート造小学校建築の成立とその特徴について」に記述があり、昭和4年まで京都市技師。退職後は神戸で事務所開設。昭和20年3月死去とのこと。

投稿: 岡田ファン | 2019.04.17 22:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 文学座アトリエ | トップページ | ノートルダム大聖堂が… »