« カフェー街の面影(立石) | トップページ | ヘーゲルの歴史哲学 »

2019.01.18

呑んべ横丁

Tatep1220391
立石駅前は安い飲み屋が多く、「せんべろ」(千円でべろべろ)と呼ばれているそうです。
「せんべろ」で有名な店は踏切の近くにある江戸っ子。訪れたときは閉まっていたので再訪を期す。
Tatep1220384 Tatep1220382
その近くにある「呑んべ横丁」は新宿ゴールデン街を思わせるバラック長屋風の飲み屋街です。
かつては線路に面して「呑んべ横丁」の看板が出ていましたが、連続立体交差事業により線路寄り(南側)の部分は取り壊され、更地になっていました。
北側部分は残っており、バラック長屋の構造をあらわに見せています。

Tatep1220380
営業は続けており、「マツコ立寄所」と書かれた店もありました。

これらは全て再開発事業の区域内になり、後には35階建と13階建てのビルが建てられる計画です。
公式サイト(再開発準備組合)

|

« カフェー街の面影(立石) | トップページ | ヘーゲルの歴史哲学 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カフェー街の面影(立石) | トップページ | ヘーゲルの歴史哲学 »