« 旧田中角栄別荘 | トップページ | 呑んべ横丁 »

2019.01.16

カフェー街の面影(立石)

京成立石駅の北口一帯が再開発のため大きく姿を変えるようです。(2017年6月に再開発の都市計画決定)
この付近に戦後生まれたカフェー街(赤線地帯)がありました。まだ遺構は残っているのか、見てきました。
Tatep1220344
駅を降りると空き地が目立ちますが、気になったのが看板建築風の大きな建物。広い通り側ではなく、狭い路地側に凝ったデザインが施されている点が不思議です(もしやかつてのカフェー建築?不明)。

Tatep1220351
屈曲する路地に面して飲み屋が軒を連ねています。どうやらこのあたりがカフェー街の中心だったようです。


Tatep1220364
路地の突き当りに昔の面影を偲ばせる建物がありました。白く塗られたモルタルの一部がはがれており、元はタイル仕上げの円柱が並んでいたと察せられます。旧カフェー建築に間違いないでしょう。
スナックと書いてありますが営業している様子はなく、いつまでここにあるかわかりません。
Tatep1220348

|

« 旧田中角栄別荘 | トップページ | 呑んべ横丁 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 旧田中角栄別荘 | トップページ | 呑んべ横丁 »