« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月の7件の記事

2019.01.28

フェルメール展とルーベンス展

Ferup1220486
2回目のフェルメール展に行ってきました。後期から出展の「取り持ち女」を見るためです。
結構大きな作品で、他の絵が静かな印象なのに対して、猥雑な感じがしました。

続きを読む "フェルメール展とルーベンス展"

| | コメント (0)

2019.01.25

ヘーゲルの歴史哲学

部屋を片付けていたらヘーゲルの『歴史哲学』(岩波文庫の旧版)が出てきたので、序論の一部を抜粋します。

哲学が提供する唯一の思想は、理性が世界を支配するということ、したがって世界史においても一切は理性的に行われて来たという、単純な理性の思想である。(p63)
歴史の本を見ると残酷なことや悲惨な話も数多く、「理性が世界を支配する」と言われても不思議な感じです。

続きを読む "ヘーゲルの歴史哲学"

| | コメント (0)

2019.01.18

呑んべ横丁

Tatep1220391
立石駅前は安い飲み屋が多く、「せんべろ」(千円でべろべろ)と呼ばれているそうです。
「せんべろ」で有名な店は踏切の近くにある江戸っ子。訪れたときは閉まっていたので再訪を期す。
Tatep1220384 Tatep1220382
その近くにある「呑んべ横丁」は新宿ゴールデン街を思わせるバラック長屋風の飲み屋街です。
かつては線路に面して「呑んべ横丁」の看板が出ていましたが、連続立体交差事業により線路寄り(南側)の部分は取り壊され、更地になっていました。
北側部分は残っており、バラック長屋の構造をあらわに見せています。

続きを読む "呑んべ横丁"

| | コメント (0)

2019.01.16

カフェー街の面影(立石)

京成立石駅の北口一帯が再開発のため大きく姿を変えるようです。(2017年6月に再開発の都市計画決定)
この付近に戦後生まれたカフェー街(赤線地帯)がありました。まだ遺構は残っているのか、見てきました。
Tatep1220344
駅を降りると空き地が目立ちますが、気になったのが看板建築風の大きな建物。広い通り側ではなく、狭い路地側に凝ったデザインが施されている点が不思議です(もしやかつてのカフェー建築?不明)。

Tatep1220351
屈曲する路地に面して飲み屋が軒を連ねています。どうやらこのあたりがカフェー街の中心だったようです。

続きを読む "カフェー街の面影(立石)"

| | コメント (0)

2019.01.13

旧田中角栄別荘

Tanakap1040099_3
元首相の田中角栄氏が亡くなったのは1993年12月。
軽井沢の別荘は1996年に国へ物納されました。別荘はその後財団法人(田中角栄記念館)の所有となり、2007年には登録文化財になっています。公開の予定があるか不明ですが、今のところ非公開のようです。
田中角栄記念館公式サイト
今は厳めしい門ができており中に入れませんが、2007年に現地へ行った際は無人で、建物近くで拝見しました。
Tanakap1010787
あめりか屋による旧徳川圀順別荘(1920年)で、下見板張の2階建、塔屋のある特徴的なデザインです。

続きを読む "旧田中角栄別荘"

| | コメント (0)

2019.01.12

メゾン・ド・ポリスの洋館

Meson1
ドラマロケ地の洋館が気になります。
外観はちょっとスパニッシュ調でレトロな感じもあります。内部はセットでしょうか?

続きを読む "メゾン・ド・ポリスの洋館"

| | コメント (4)

2019.01.01

謹賀新年2019年

Sagup1030430_14今年もよろしくお願いします。

(念願のスペインに行ってきました)

| | コメント (0)

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »