« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2018年11月の2件の記事

2018.11.30

北軽井沢の大学村

Kitap1030983
旧北軽井沢駅舎の前に大学村組合事務所がある。
1928年に竣工したという事務所には「垂直面を持つ屋根」もある。これも蒲原重雄の作品だろうか?

組合事務所から東に1km以上行ったところが大学村の別荘地である。「垂直面を持つ屋根」という特徴のある山荘が大学村に点在しており、野上山荘を含めて全体で11棟ほど確認できた。蒲原作品の可能性がある山荘群である。

続きを読む "北軽井沢の大学村"

| | コメント (0)

2018.11.02

蒲原重雄と野上弥生子

野上弥生子の全集で昭和3年の日記を拾い読みしていたら、別荘関連で蒲原重雄の名が出てきた。蒲原は小菅刑務所を設計した司法省の技師である。

昭和の初め、法政大学学長の松室致が北軽井沢に別荘地(法政大学村)を拓き、そこに法政大学の教員らが別荘を建てた。弥生子の夫・豊一郎は法政大学教授で、野上夫妻と家族は大学村開発当初からの住民になった。
法政大学村
Kitap1040021
初めに建った40棟の別荘は蒲原が設計した。
野上弥生子は日記に、「技師の蒲原氏が一軒と同じ家はないやうな奇抜な設計で建てたのださうである」と書いている(1928年7月29日)。

続きを読む "蒲原重雄と野上弥生子"

| | コメント (0)

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »