« OSN127國井家観音堂 | トップページ | パリへの旅2 »

2018.09.20

パリへの旅1

昨年秋、パリで建物巡りをしました。他の方の参考になるかは不明ですが、書いておきます。

9/23(土) 深夜に羽田発
9/24(日) 昼過ぎにパリ着、ノートルダム大聖堂、サント・シャペルなど
9/25(月) ルーブル美術館、マドレーヌなど
9/26(火) ベルサイユ宮殿、オルセー美術館、アンバリッドなど
9/27(水) サヴォア邸、パンテオンなど、夜パリ発
9/28(木) 夜羽田着

参考にしたのは『地球の歩き方』と 『世界の建築・街並みガイド』『建築ガイド パリ』など。


パリ1日目(日曜) 北駅に着いたのが午後3時頃。駅のコインロッカーに荷物を預け、美術館パスを購入(場所を探すのに一苦労してあせる)。
Notorup1010897 Notorup1010900
地下鉄でシテ駅に行き、ノートルダム大聖堂に着いたのが4時過ぎ。フランスのゴシック建築と言えばまずはこれ。入口の彫刻が細かい。内部のヴォールト天井にも感心する。どういう構造になっているのだろうか。 北塔に昇りたかったが、事前にネット予約が必要らしくあきらめる。

Shaperup1010942
続いてこれも有名なゴシック建築のサント・シャペル。壁一面がステンドグラスになっている。元は聖遺物をまつるために建てられたものだが、今ではからっぽで妙な感じ。

Parisip1010978
右岸に渡ると、パリ市庁舎が中々よい。屋根がゴタゴタとしているが、基本はルネサンス様式(閉まっているので平日に再訪したいと思ったが、結局行けず。後から調べたら、予約すれば見学可?)。
そこからサン・ルイ島をぶらぶら。貴族の館が建ち並び、ショパンが住んでいた家などもあるが、外観のみであまり面白いものではない。
Sansup1020006
右岸に戻り、サンス館(サンス大司教の館)を見る。お城のような中世建築。

北駅へ戻ったのは8時頃。
ホテルはモンマルトル近くの騒がしい界隈(東京で言えば歌舞伎町のような場所)にあった。
Muranp1020530

|

« OSN127國井家観音堂 | トップページ | パリへの旅2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« OSN127國井家観音堂 | トップページ | パリへの旅2 »