« OSN126梅田ビル | トップページ | パリへの旅1 »

2018.09.18

OSN127國井家観音堂

岡田信一郎の設計作品の中に「國井家観音堂」がある。『建築雑誌』(1932年5月)のデータによると次のとおり。
*國井家観音堂 山形県高松 國井門三郎氏邸内 [竣工大正]9年

国会図書館の資料(岡田兄弟設計図集)にある「観世音堂」の図面を見ると、屋根に鴟尾を乗せた桁行3間、梁間2間の小規模な仏堂建築である。資料には石川確治(山形出身の彫刻家)の手紙も入っており、石川が観音像を制作している。

國井家は山形県でも有数の大地主で、当主は代々門三郎を襲名していた。ここでいう門三郎は明治4年生まれの方で、國井酒造を経営し、県会議員、高松村長等を歴任。昭和6年、次男に名を譲り、國井経崇と改名している(次男は後の寒河江市長)。
建設した経緯は不明だが、観音堂はその後(1935年)國井邸から父母報恩寺(山形県村山市)に移築され、「雪の観音」と呼ばれている。
Yukikan1behrens__oldenburg_2 Yukikan2behrens__oldenburg_2
画像はgooglemapより借用。左は県道側から:山門の左手に観音堂がある。右は国道13号側から:観音堂の背面が見える。

山形の観光情報サイトに「雪の観音」の由来が書いてある(ここに掲載されている画像は岡田が設計した観音堂)。

雪害運動に生涯をささげた松岡俊三代議士が建立したもの
俊三が十六歳の時に学問と修養のため弟子入りした叔父・松岡伯雄僧正の御持仏であったがその観音様をいただき雪害提唱運動中に肌身離さず諸国を説遊行脚。たまたま青森方面を行脚中猛吹雪にあい廻りが全く見えなくなり遭難しかけた時、持仏の観音様を一心に拝んだところ不思議にも吹雪が収まり、目的を果たすことができたとの事です。
雪害運動の成功と諸願、成就を祈り、感謝の念を持って「雪の観音」と命名し建立したものです。

松岡が持っていた観音像と國井家にあった観音像は並んで置いてあるのか(未調査)。

もう少し調べる必要があるが、観音堂の設計者は全く知られていないようなので、とりあえず報告する次第。

|

« OSN126梅田ビル | トップページ | パリへの旅1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« OSN126梅田ビル | トップページ | パリへの旅1 »