« ミケランジェロ展2018 | トップページ | 明治記念大磯邸園 »

2018.07.28

川越の旧花街

鉄道会社のPR誌に川越レトロめぐりの記事があり、かつての花街の建物を利用したお店が紹介されていました(記事には花街云々は書かれていませんが)。
Kawap1020981
本川越駅から1kmほど、喜多院の西北あたりがかつての花街。20年程前には、和風の立派な構えの建物が立ち並ぶ一角でしたが、建替えが進んでだいぶ様変わりしていました。ふつうの住宅街の中に、築100年近い文化財級の物件が点在している、といった感じです。

大正中期に当局の取締方針によりこの付近が乙種料理店の指定地になったようで、昭和5年の調査によれば、川越市では29軒の料理店に59人の女性がいました。

前記のPR誌に紹介の天婦羅店と和洋御食事処はいずれも1922年築とのことで、都市景観重要建築物等になっています。
Kawap1020985 Kawap1020989

|

« ミケランジェロ展2018 | トップページ | 明治記念大磯邸園 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ミケランジェロ展2018 | トップページ | 明治記念大磯邸園 »