« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月の3件の記事

2018.07.31

明治記念大磯邸園

大磯に残る旧伊藤博文邸(滄浪閣)、旧大隈重信邸、旧陸奥宗光邸、西園寺公望邸跡(旧池田成彬邸)が公園になるそうです。

建物周辺は国(国土交通省)が整備する計画ですが、先行して10月下旬から一部の公開を行うようです。(個人的には旧池田邸を見てみたいですが、公開はまだ先になる模様)
大磯町のサイト
Ooiso

| | コメント (0)

2018.07.28

川越の旧花街

鉄道会社のPR誌に川越レトロめぐりの記事があり、かつての花街の建物を利用したお店が紹介されていました(記事には花街云々は書かれていませんが)。
Kawap1020981
本川越駅から1kmほど、喜多院の西北あたりがかつての花街。20年程前には、和風の立派な構えの建物が立ち並ぶ一角でしたが、建替えが進んでだいぶ様変わりしていました。ふつうの住宅街の中に、築100年近い文化財級の物件が点在している、といった感じです。

大正中期に当局の取締方針によりこの付近が乙種料理店の指定地になったようで、昭和5年の調査によれば、川越市では29軒の料理店に59人の女性がいました。

前記のPR誌に紹介の天婦羅店と和洋御食事処はいずれも1922年築とのことで、都市景観重要建築物等になっています。
Kawap1020985 Kawap1020989

| | コメント (0)

2018.07.27

ミケランジェロ展2018

Mikep1210975
国立西洋美術館の「ミケランジェロと理想の身体」を見てきました。
見どころは、ミケランジェロの作品2点。あとはラオコーン像の模刻。
その他に、古代ギリシャからルネサンスの作品も並んでますが、子ども(プットー)の像以外はほとんど印象なし。

ミケランジェロの2点については予備知識がありませんでした。
「ダヴィデ=アポロ」については、ダヴィデかアポロか不明で、途中でテーマが変わったという説もあるとか。アポロ像のつもりで作り始めたが、ダヴィデ像でもいけそうなのでそっちにしようと? そんなことがありうるのか。

「若き洗礼者ヨハネ」は、スペイン内戦でバラバラになり、残っていた破片をつないで復元されたもの。顔の上半分、腕の一部、腰のあたりなどはオリジナル(大理石)だそうですが、失われた部分はグラスファイバーで補強した合成ナイロンの素材で補っているそうです。

| | コメント (0)

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »