« OSN123工業大辞書(完) | トップページ | 常盤台 »

2018.03.25

OSN124岡田の同期生

岡田信一郎の大学時代については、これまで断片的にしか書いてこなかった(木葉会小池駸一などの記事)。
大学時代の同級生についてまとめておく。

【1903年9月-】第1年
市田菊治郎、萩尾菅次郎、橋本勉、岡田信一郎、横浜勉、竹内六蔵、永瀬狂三(留)、倉田謙、山尾三郎、松井貴太郎、本野精吾(9月入学、いろは順)、井手薫(10月以降入学)
*永瀬は明治35年に建築学科に入学し、2回目の1年。

【1904年9月-】第2年
岡田、本野、橋本、松井、倉田、井手、市田、永瀬、横浜
*山尾・竹内は2回目の1年。萩尾は京都帝国大学電気工学科へ。

【1905年9月-】第3年
岡田、本野、倉田、井手、橋本、市田、横浜、松井、永瀬
*山尾は3回目の1年、竹内は2年。

【1906年卒業】
岡田、本野、倉田、井手、橋本、松井、市田、横浜(7月卒業)、永瀬(10月卒業)
*山尾は退学か。竹内は3年に進む(長谷部鋭吉、後藤慶二らと同じ1909年7月卒業)。
以上は、主に『東京帝国大学一覧』による。
Seizu2
建築学製図室(国立国会図書館デジタルライブラリー『東京帝国大学』より)
※1900年刊行なので、これは岡田が入学する以前の写真。

以下に各々の略歴を記しておく。
< >内は1931年時点の肩書(国際建築1931.7編集後記)と自宅・事務所の所在地(日本建築士会名簿1931.1など)である。
(Wikipediaの記事などで経歴が知られるようになった人物もいるが、まだ不明な点が多い。ご存知の方にはご教示をいただきたい。)

*岡田信一郎(1883.11-1932.4) 
本籍東京、父は陸軍薬剤官の岡田謙吉。一高出身。
卒業後は大学院進学、警視庁嘱託。後に早稲田大学教授、東京美術学校教授。
作品:大阪市公会堂(原案)、歌舞伎座(現存しない)、明治生命館
<東京美術学校・早稲田大学教授、牛込区>

*本野精吾(1882.9-1944.8) 
本籍東京、父は読売新聞創業者の本野盛亨。一高出身。
卒業後、大学院進学、三菱合資会社入社。1908 京都高等工芸学校教授。ドイツ留学(1909.6 出発、文部省留学生)。
作品:西陣織物館、自邸
文献:『建築家 本野精吾展』
<京都高等工芸学校教授、京都市>

*倉田謙(1881.9-1940.1)
本籍東京、父は数学者?倉田伋作。一高出身。
1909.12-1910.11 東京高等工業学校講師。1911 九州帝国大学技師、後に同校助教授。1927 欧米各国へ出張。1929 退職、自営。
作品:九州帝国大学の校舎群
<建築事務所長、自宅本郷区、事務所福岡>

*井手薫(1879.5-1944.5)
福井、父は教育者?井手今滋。歌人・橘曙覧の孫に当たる、一高出身。
1906-1909 辰野葛西事務所(東京駅パースを担当)、1911.10 台湾総督府技師
作品:台北幸町教会、建功神社(1928)、台湾総督府法院
<台湾総督府営繕課長、台北市>

*橋本勉(1879.9-1939.10)
本籍岡山、父は橋本貞固。一高出身(理科志望)。
1906 樺太民生署嘱託技師、1907.6 帝国鉄道庁技手、1909 茂建築事務所、1914 野村橋本建築事務所、1926 橋本建築事務所
作品:東洋紡績入善工場、井波工場(富山)
文献:『日本建築士』1940.4
<建築事務所長、自宅兵庫県御影、事務所大阪・東京>

*松井貴太郎(1883.1-1962.11)
本籍大阪、六高(岡山)出身。
1906 横河工務所入所(大阪出張所へ、1913-1918 東京、1918- 大阪)
作品:東京銀行協会(現存しない)、日本工業倶楽部
<横河工務所員(大阪出張所)、自宅芦屋>

*市田菊治郎(1880-1963) ※1924- 青木菊治郎
本籍滋賀、父は大工棟梁の市田重郎兵衛。六高出身。
1906 知恩院(阿弥陀堂)新築現場、1907-1920 南満州鉄道、その後民間で設計事務所開設(1923 大連に小野木横井市田建築事務所)、1925-1931 満鉄に再入社、1933 満州国総務庁嘱託、1946 帰国。
作品:長春ヤマトホテル、長春駅(現存しない)
文献:西沢泰彦『海を渡った日本人建築家』
<満鉄建築課長>

*横濱勉(1880.10-1960.12)
本籍岩手、父は旧盛岡藩士の横濱慶行(林檎栽培で知られる)。二高(仙台)出身。
1906 東京市技師、1908-1923 司法省技師、1923 横浜勉建築事務所、1930 日本エレベーター、1933 大阪橋本組、1936 鹿島組、1947 退職。
作品:第九十国立銀行(盛岡)
<日本エレベーター株式会社技師長>

*永瀬狂三(1877.10 -1955.1)
本籍愛知、父は旧田原藩士の永瀬誉(自由民権運動に参加)。二高出身。
1906 下田築造合資会社(下田菊太郎)、1908 辰野片岡事務所、1909 京都帝国大学建築部嘱託、1917 同大学工学部講師、1919 同大学建築部長、1920 同営繕課長(組織変更による)、1929 退職、1935-1945 京都工学校校長。
代表作:京都帝国大学文学部陳列館、大和田銀行本店(1927)
<京都高等工芸学校講師>

*竹内六蔵(1880.9-1959.1) 
本籍徳島、父は旧蜂須賀藩士の竹内鹿蔵。四高(金沢)出身。
埼玉県技師、東京電気 技師、警視庁建築課長、復興局技師、復興助成会社技師長などを歴任。1931年鹿島組建築部長、1954.1 鹿島建設副社長。
文献:『鹿島建設百三十年史』

*山尾三郎(1877.11-1946.1)
本籍東京、父は山尾庸三(子爵)、学習院高等学科出身。
宮内省帝室会計審査局を経て、1916- 澄宮(後に三笠宮)御用掛。1918年、襲爵。
文献:『山尾庸三傳』
(この当時、学習院出身で建築学科に進むのは珍しい感じである。山尾については別に書くことがあるだろう)

*萩尾菅次郎(1882.11-1925.1) ※1908?- 矢幡菅次郎
本籍福岡、五高(熊本)出身。
1904.9 京都帝国大学電気工学科入学、1908.7 卒業。1909.10-1918.2 大阪高等工業学校電気科教授。後に広島高等工業学校教授。
(岡田とは大学1年のときに一緒だったのみで、京都、大阪、広島と離れた場所にいた。交流等はあったのだろうか)

|

« OSN123工業大辞書(完) | トップページ | 常盤台 »

コメント

萩尾菅次郎については、まとまった文献は見当たらず。
「第五高等学校一覧」(T3-4)を見ると「矢幡菅次郎」と改姓していた。
公文書検索で、大阪高等工業、広島高等工業の教授を務めていたことがわかった。
「京都帝国大学一覧」(M39-40)と同(T1-2)で在学期間が判明。
なお、「人事興信録」6版で「矢幡敬太」の項を見ると、敬太の養女タツと菅次郎が結婚したことがわかる。

投稿: 岡田ファン | 2018.04.06 23:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« OSN123工業大辞書(完) | トップページ | 常盤台 »