« 2017年7月 | トップページ

2017年8月の2件の記事

2017.08.02

ベルギー奇想の系譜展

Berup1200889
Bunkamuraザ・ミュージアムの「ベルギー奇想の系譜展」を見てきました。9月24日まで。
公式サイト

お目当てはヒエロニムス・ボス工房の作品。トゥヌクダルスが眠っている間に地獄巡りをした、というテーマで、七つの大罪を犯した罪人たちが地獄で罰を受ける様子を描いています。
こうした絵は罪を犯さないよう戒めるために作られたのでしょうが、何か楽しげな感じも受けます…

ボス⇒ブリューゲルの流れはバベルの塔展でも出てました。

| | コメント (0)

2017.08.01

藤島武二展

Hujip1200881
練馬区立美術館の藤島武二展を見てきました。今年は生誕150年だそうです。9月18日まで。
公式サイト

岡田信一郎が本郷曙町の藤島邸を設計したようなので、私(筆者)としては何か関係資料でもないか…と思ったのですが、特段なし。

もう一つ興味があったのは「蝶」のことで、今回も出展はされていませんが、図録に説明が書いてありました。
加藤陽介氏(学芸員)によると、藤島の代表作「蝶」と「芳蕙」は1967年(50年前)の藤島武二展に出展されており、当時の所有者は大里一太郎氏。それ以来2点とも所在不明とのことです。
大里氏はほとんど知られていない人物ですが、相当なコレクターだったようで、現在東京国立近代美術館にある中村彝の「エロシェンコ氏の像」は「大里一太郎氏寄贈」となっています。
Chou(画像はWikipediaより借用)


| | コメント (0)

« 2017年7月 | トップページ