« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月の2件の記事

2016.12.30

クラーナハ展

Kuranaha
会期残り少なくなった国立西洋美術館でクラーナハ展を見てきました。2017年1月15日(日)まで(大阪へ巡回)。
公式サイト
国立西洋美術館が世界遺産に登録されて入場者が増えているという話を聞いていましたが、それほど混雑はしていませんでした。
「ユディト」は、やはり左下のホロフェルネスの首(ポスターでは省略)が気持ち悪いです。この展覧会前に数年がかりで修復されたそうです。
あとクラーナハと言えば、くねくねした裸体画。各国の美術館から作品が集められていて貴重な機会になっています。

| | コメント (0)

2016.12.17

仮名手本忠臣蔵

Kokuritu
国立劇場で歌舞伎・文楽の仮名手本忠臣蔵を上演しています。50周年記念事業だそうで、通しで見られる機会となりました。

文楽の1部はチケットが取れず、2部(祇園一力茶屋から)を鑑賞。
寝不足だったため途中で心地よくウトウトしてましたが、竹本千歳太夫さんの「山科閑居」で目が覚めました。文楽というと人形の動きに目が行きますが、言葉の力で大勢の観客の気持ちを揺さぶるのはすごいものだ、と感じ入った次第です。
Bunraku
討入りシーンをどうやるのかと思ったら、ばっさり省略。討入りが終わって引き上げるところのみで、浪士も8人しか出てきません。まあ、人形1体につき3人付いているので、フル出演したら100人以上になってしまい、とんでもないことになりますが…。下らない感想ですいません。

| | コメント (0)

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »