« 古代ギリシャ展 | トップページ | 李王家東京邸 »

2016.09.29

正木記念館

Geidaip1200215
東京芸術大学構内に正木記念館があります。
明治後期から昭和初めの30年以上(1901-1932年)にわたって美術学校の校長を務めた正木直彦のため、1935年に建てられました。
設計者の金澤庸治は岡田信一郎の教え子で、美術学校助教授を務めていました。岡田設計の陳列館と並んで建っており、岡田ファンとしては気になる建物です。

Geidaip1200209
閉まっていることが多く、たまに(年に数日程度?)展示会で使用されています。偶々通りがかりましたが、中を見るのは初めてです(9月11日までの日本画第一研究室発表展)。
記念館2階から隣の陳列館を見たところ。
Geidaip1200211
記念館の2階は和風の書院造になっています。
今後も大学の文化遺産として活用してほしいものです。

|

« 古代ギリシャ展 | トップページ | 李王家東京邸 »

コメント

『淡交』10月号に芸大と茶道の記事があり、正木記念館のことが書いてありました。和室の欄間彫刻は高村光雲だとか。
2017年は美術学校・音楽学校創立130周年にあたるそうで何かイベントがあるかも?

投稿: 岡田ファン | 2016.10.10 23:42

東京コミュニケ―タのHPに「芸大ガイドツアー」の記事がありました。
次回は11/13(日)開催(事前申込、先着順)ですが、
春のツアーのときには正木記念館の和室も見学したようです。
http://art-c-tokyo.net/

投稿: 岡田ファン | 2016.10.22 02:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 古代ギリシャ展 | トップページ | 李王家東京邸 »