« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月の7件の記事

2016.03.31

旧五条楽園界隈

Gojop1180813
五条楽園の存在を知ったのは路上観察学会の京都編でした(『京都おもしろウォッチング』)。そこに紹介されていた粋なステンドグラスのある建物が妙に気になり、京都旅行のついでに探しに行ったものです。当時はまだ裏風俗の場でもありましたが、2010年に大がかりな摘発があり、現在そのような業態の店はないようです。
件のステンドグラスの建物も既に取り壊されてしまいましたが、他にもカフェー風の旧店舗が数軒残っています。

Gojop1180827
その1つは「五条製作所」というテナントショップになっており、中古レコード屋などが入っています。玄関や廊下のたたずまいにレトロ感あふれる佳品です。ここで見かけたのが「芸妓置屋」の鑑札。
自分の乏しい知識では、住み込みの芸妓を抱えている店が「置屋」で、芸妓の派遣先(お座敷)が「お茶屋」ではないかと思いますが…。そうすると、カフェー風意匠の置屋というのは、少々腑に落ちない感じです。

高瀬川をはさんだ一帯には立派な和風建築がいくつか残っています。
かつての花街をほうふつとさせるこれらの建物が「お茶屋」だったようです。転用されて旅館になっているものもありましたが、空き家らしきものもあり、今後が案じられます。
Gojop1180850 Gojop1180842

| | コメント (2)

2016.03.27

カラヴァッジョ展

Karap1190007国立西洋美術館のカラヴァッジョ展を見てきました。6月12日まで。
公式サイト

日本では作品を見る機会もほとんどないので、あまり知られていない画家かもしれません。
以前に庭園美術館での展覧会(2001年)や、画家を主人公にした映画(2010年)もありましたが、自分(筆者)もバロック好きにかかわらず、どちらも見ていません(深く反省)。

カラヴァッジョはその才能で有力者の庇護を受けていましたが素行が悪く(当時の裁判記録なども出展されていました)、1606年には人を殺してしまい、ローマから逃げ出します。ナポリなどで制作を続け、4年後に熱病のため38歳で亡くなりました。映画の主人公になるだけあって、激しい人生を送った画家です。

自分が好きなのは陰影のコントラストを強調した「エマオの晩餐」(1606年)などの作品ですね。

| | コメント (0)

2016.03.25

レオナルド・ダ・ヴィンチ展

Edohakup1190017
江戸東京博物館の「レオナルド・ダ・ヴィンチ 天才の挑戦」を見てきました。4月10日まで。
公式サイト

なぜ江戸東京博物館で開催しているのかはわかりませんが…
今回のメイン「糸巻きの聖母」は、レオナルド本人のものに加え、レオナルド派によるもの(計3点)が出ていました。
別バージョンを比較して見られたのは収穫です。(右のレオナルド派のものに、当初の要素が見られるそうです)
Itomaki1 Itomaki2
画像はWikipedia(糸車の聖母)より拝借。 

| | コメント (0)

2016.03.21

ボッティチェリ展2016

Botti2016
ボッティチェリ作品の来日は3年連続ですが今回は作品数も多いです。4月3日まで。
公式サイト
出展は「書物の聖母」「東方三博士の礼拝」「書斎の聖アウグスティヌス」「アペレスの誹謗」など、充実した内容でした。

以前の記事:2014年2015年

| | コメント (0)

2016.03.08

黄金町界隈

Koganep1180622
10年ほど前まで、黄金町駅から日ノ出町駅にかけての高架下付近は、違法風俗店が密集することで知られていました。住民運動と警察の厳しい取り締まりにより、それらの店は一掃され、地域ではアートによるまちづくりが行われています。

Koganep1180632
高架下のスペースや、空き店舗(違法風俗店跡)を横浜市が借り上げ、NPO法人がイベント等の活動を行っています。
黄金町エリアマネジメントセンター(公式サイト

| | コメント (0)

2016.03.07

大倉山商店街

Okurasp1180725 Okurasp1180719
大倉山駅前の商店街は、大倉山記念館にちなんだと思しく、古典様式調のビルが並んでいました。ポストモダニズムの実践でしょうか。面白く拝見しました。
大倉山商店街(公式サイト

| | コメント (0)

2016.03.06

大倉山記念館

Okurap1180654
大倉山にある大倉山記念館を見てきました。銀行建築で知られる長野宇平治の作品で、1932年の竣工。
列柱を中心にした古典主義様式を基調としており、外観は何となく国会議事堂に似ています。
Okurap1180662
現在は横浜市の施設で、市民活動の場となっています(一部は大倉精神文化研究所が使用)。
内部は吹き抜けのホールをはじめ、重厚で見どころが多いものです。

Okurap1180668 Okurap1180687

| | コメント (0)

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »