« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月の6件の記事

2015.10.31

10月観た芝居

Akoyap1170561
今月は2つ芝居を観ました。

歌舞伎座の一幕見席で「阿古屋」。女形が琴、三味線、胡弓を弾く演目で、玉三郎さんぐらいしかやらないようです。
内容は楽器の演奏がほぼ全てで、最期に見得を切って終わり。
(写真は背後の風景が反射してしまい、失敗)

Teigekip1170582
帝国劇場で「ラ・マンチャの男」。松本幸四郎が1969年から演じ続けているミュージカルです。
冒頭、投獄されたセルバンテスが、牢屋の中で劇中劇を演じる、という設定でドンキホーテの物語が始まりますが、この導入には引き込まれ、中々よいと思いました。その後の夢がどうのこうの、というあたりはあまりよくわからず。
カーテンコールの後、1曲歌って終わり。

Teigekip1170566
(帝国劇場ロビーのステンドグラス)

11月10日千秋楽の「放浪記」も観たかったのですが、無理かな。

| | コメント (0)

2015.10.23

鵜沼宿の町並み

Unumap1170496
皆楽座から東に1kmほど歩くと、中山道鵜沼宿の町並みが残っています。

旧街道沿いに古い個人住宅が4軒並んでいます。江戸後期から昭和初期の建物で、国の登録文化財です(外観のみ見学)。

Unumap1170504
中山道鵜沼宿町屋館は旧武藤家住宅で、濃尾地震で倒壊し、明治後期に再建されたものだそうです。国の登録文化財になっており、無料で公開されています。

Unumap1170502
脇本陣の建物は、鵜沼宿家並絵図などをもとに再現されたものです。

Unumap1170498_2
これは脇本陣裏の高台にある神社です。もともと古墳跡が神社になっていたようですが、石垣のところに古墳の石室が見えています。

| | コメント (0)

2015.10.19

皆楽座

Kairakup1170491
各務原市にはもう一つ芝居小屋があります。津島神社境内にある皆楽座(かいらくざ)です。(名鉄の羽場駅近く)
村国座とは異なり、舞台のみで客席はなく、また現在では芝居が行われることはないようです。
明治15年頃に建てられ、濃尾大地震(明治24年)で倒壊。その後、明治31年に再建されたそうです。

回り舞台、せり、楽屋などの設備を持つ本格的なもので、国の登録文化財、市の重要有形民俗文化財になっています。

| | コメント (0)

2015.10.18

村国座

Murap1170517
各務原市の村国座で公演(10・11日)があるというので行ってきました。
村国座は村国神社の境内にあり、明治15年の竣工。各務の舞台として重要有形民俗文化財に指定されています。(名鉄の苧ケ瀬駅から徒歩30分ほど、場所はわかりにくいです)
祭りに合わせて行われる子供歌舞伎で、来ているのはほとんど地元の方のようでした。衣裳や大道具、小道具と結構費用がかかりそうで、毎年続けるのはご苦労があるのでは、と感じました。
Murap1170548
訪れたときに上演していたのは「蟇妖術瀧夜叉姫」で、地歌舞伎にのみ伝わる演目のようです。
平将門の娘・瀧夜叉姫が蟇に変身し、武士と立ち回りを演じた後、源頼光が登場して、一同見得を切る、といった単純な筋ですが、子供歌舞伎らしいにぎやかなものでした。

| | コメント (0)

2015.10.09

伊豆の長八

Izup1170372
なぜか吉祥寺で、伊豆の長八展を開催しています。10月18日(日)まで。
公式サイト

松崎にある美術館にはまだ行ってませんが、一度ゆっくり訪ねてみたくなりました。


| | コメント (0)

2015.10.08

日本工業倶楽部

Kogyop1170238
時間が経ってしいましたが、9月19日、日本工業倶楽部で講演会があったので行ってきました。
講演は北海道の近代建築がテーマで興味あるものでした。会場の建物も、大正建築のインテリアがよく残っていて結構でした。

武庫川女子大学(遠藤新の旧甲子園ホテルで有名)が年に数回、講演会を行っていますので、興味のある方は公式サイトでご確認ください。
次回の講演は「シルクロードの建築と文化」(2月27日)です。
Kougyop1170270Kogyop1170273


| | コメント (0)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »