« OSN111アルス建築大講座 | トップページ | 佐藤武夫自邸 »

2015.06.24

OSN112近代建築史

四天王寺の復興などで知られる建築史家・藤島亥治郎は、岡田信一郎の建築史研究を高く評価していた。

藤島は1923年(大正12年)に東大建築学科を卒業後、京城高等工業学校の助教授に就任した。同校の講師に美術学校出身の土井軍治(1921年卒)がおり、岡田が講義した近代建築史のノートを持っていた。当時、近代建築史のまとまった著作はほとんどなく、藤島は土井からノートを借りて勉強した。その内容は「やっぱり十九世紀が主であって、それに新しいワグナーの動きなどに次の重点を置き、セセッションの運動からだいたい第一次大戦ぐらいのところまで」だったという。(佐々木宏『近代建築の目撃者』)
Wagner
藤島は「岡田さんの『近代建築史』のノート(略)の影響は大きく、私の『近代建築史』は、それが元になっています」とも言っている。藤島は1926-1928年に欧州に外遊し、実際に見てきた近代建築運動の状況をまとめ、(東大で)講義を行いたいと熱望したが、かなわなかったという。(『田中一対談集 建築縦走』)

(藤島の言う「近代建築史」は『建築と文化』(1941)所収の「建築の意匠」のことだろうか。西洋建築史の流れを簡潔に記し、折衷主義やワグナー、ベーレンス、コルビュジエなどにふれている。)

土井と同年に美術学校を卒業した水谷武彦は、やはり岡田の講義で「新建築運動」の話を聞いたようだが(建築雑誌1932.5)、詳しいことはわからない。早稲田大学では1922年に「近代建築及評論」を担当した記録があるが(『早稲田大学百年史』別巻2)、具体的な内容は不明である。

1918年(大正7年)に行われた建築学会第1回講習会(10月14日-11月2日、会場文科大学)の中で、岡田は「最近建築史」を担当している。要旨が「建築雑誌」383号に紹介されているので引用する。

岡田講師は「最近建築史」に就て述べられ、第一講十九世紀の建築史に於て之をクラシッシズム、ロマンテシズム、レネサンシズム、ラヨシナリズム[ママ]の四期に区分し各期建築の特質を明かにし、代表的作物の作者及年代表を頒ち、第二講最近建築の素因及影響に於て、科学、時代思潮経済状態、交通、建築目的、材料構造、生活状態、他美術及美術工芸等の発達、変化、改良影響の七因を掲げて其の果を説き、第三講白耳義仏蘭西の新建築に於て、ヴァン・デ・ベルト氏の新建築及ヌーボー建築の起因性質及その影響を説き、第四講墺地利のセセッションに於て、オットー・ワグナー氏の建築及其の感化よりセセッショニストの建築に言及し、第五講独逸の新建築に入り講師寒冒に犯され、第六講英米の新建築と共に遂に開期中聴くを得ず、頒けられたる図集二十六葉百四図は述上各期各様式の代表作物を網羅し、得難き最近建築図集なり。[※下線は引用者]
この中に岡田の近代建築史の構想がある程度はうかがえる(内容の説明は長くなるので、別ページに記す)。

岡田の講義は4回(6時間)行われ、聴講者は279名だったという。かなりの人数が講義を聴いていたのである。(「寒冒」というのは当時流行していたスペイン風邪ではなかったか、と気になる)

講義のあった1918年は、後の分離派建築会メンバー(石本、山田守、堀口捨巳ら)が建築学科2年の頃である。伊東忠太の建築史講義で近代の建築運動はセセッションに始まると聞いたことが、分離派建築会の名の由来になったと言われるが(長谷川尭「日本の表現派」1968年)、もしかすると岡田からの影響も少しはあったのでは…と想像してしまう。
(画像は Lux"Otto Wagner"より)

|

« OSN111アルス建築大講座 | トップページ | 佐藤武夫自邸 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« OSN111アルス建築大講座 | トップページ | 佐藤武夫自邸 »