« OSN105『二つの庭』の稲田信一 | トップページ | 旧高田義一郎邸 »

2015.03.26

OSN106中條國男

宮本百合子の弟、国男について補足しておきたい。

国男が東京美術学校建築科に入ったのは1922年(大正11年)4月。
同年6月、百合子の日記には「国男さんがデコレーションのことにつき書くのに、自分で勉強して居られないから、私に内容をまとめて呉れと云う。」という下りがある(6月24日)。
美術学校の課題(岡田が出したものかもしれない?)の代作を姉に頼んだのだろう。百合子は「自分も面白いから」と言って引き受け、2日後、まとめたものを国男に手渡している。

卒業後の進路をめぐる母娘の口論は前々回に紹介した。
国男は1927年(昭和2年)7月に美術学校を卒業する(「東京美術学校一覧」)。
百合子はこの年の12月、モスクワへ旅立つ。そして翌1928年の2月25日、「この頃国男さん、どんなに暮して居りますか。岡田さんのところへはもう通い始めましたか。ずっと家ですか。」と、故国の弟を案じる手紙を母親あてに送っている。5月24日の日記には、「国男は岡田さんのところへ通うようになったと皆がよろこんで居る」とある。
これらからすると、国男は卒業後、すぐには勤めに出なかったらしい。百合子が出国する時点でも同様で、翌年の5月頃から岡田建築事務所に勤め始めたことになる。

百合子にはもう一人、高校生の弟がいた。この英男が8月に自ら命を絶つ。英男は大学受験を控えて悩みが深かったようで、この前にも自殺未遂を起こしていた。弟の死を電報で知った百合子は、ショックのあまり失神したという。

1929年1月から4月まで、百合子は胆嚢炎のためモスクワ大学附属第一病院に入院。この間、3月14日に国男は倉知咲枝と結婚する。
父、精一郎は家族の再生を期して、一家でヨーロッパ旅行に出かけることにする。

5月20日 一家を挙げて渡欧す。妻葭江予て病の為め年々視力減衰の状態にあり、加ふるに前年三男英男を喪ひしより怏々として愉しまず、偶々長女百合子露都留学中病を獲て病後をパリに養はんとの報あり、精一郎葭江を伴ひて之を見舞ひ旁々葭江が失明せざらん内にパリ、ロンドンを見物せしめ英男の死に由る彼女の悲歎を慰め併せて子女の教育の為め此機を以て長男國男夫妻、四女壽江子を加へ一行5名にて海路渡欧に決せり。(「曽禰達蔵・中條精一郎建築事務所作品集」)
7月1日、百合子は中條家の一行とマルセイユで再会する。

この旅行は国男夫妻の新婚旅行を兼ねるものでもあったが、父母や妹同伴の旅行では気をつかうことも多かった。やがて国男夫妻は別行動となった。(このあたりのことは、小説『道標』に描かれている。)
精一郎夫妻と妹はシベリア鉄道経由で11月に帰国。
国男たちはしばらくロンドンのロングフォード夫人の家に滞在した。イタリア旅行を経て、翌年1月、賀茂丸に乗り、2月11日、神戸に到着した。(帰国時のエピソードも『道標』にある。)

帰国後の国男については詳細が不明だが、「曽禰中條建築事務所年譜」(石田潤一郎氏執筆の「日本の建築 明治大正昭和 ブルジョワジーの装飾」に所収)の1932年(昭和7年)の項に、「中條国男(…)入所」とあるので、それまでは岡田の事務所に通っていたのだろうか。

曽禰中條建築事務所は、第一次世界大戦期の好景気に乗って業績を伸ばし、震災復興期にも多くの作品を手がけていたが、国男が入所した頃は下り坂に差しかかっていたようだ。

事務所の最盛期に、設計実務の中心となっていたのは徳大寺彬麿、高松政雄の2人である。だが、徳大寺は既に1928年頃、病気のため退所しており、高松は1934年に胃潰瘍で逝去した。さらに1936年、中條精一郎が急逝、1937年、曽禰達蔵が逝去、と不幸が続いた。
父が逝去したとき、百合子は市谷刑務所におり、葬儀のため仮出獄を許された。
国男も、跡取りとしての自覚を深めたようである。百合子は「私は国男さんが皆から見ちがえるようだと褒められるということをきき涙が浮かんだ」と書いている(1936年2月19日、獄中から国男あて書簡)。
しかし、事務所を引き継いだものの、日中戦争が激しくなったこともあり、ほとんど仕事がなくなっていった。
(戦後?)国男は肝臓を悪くし、40人ほどいた事務所を解散することにした。開成山(郡山市)にあった中條家の土地を処分して所員の退職金に充てたという(中村智子「百合子めぐり」)。

さて、国男が一時期、岡田建築事務所に勤めていたことについて、小説『道標』では全くふれられていない。美術学校を「卒業して、父の事務所につとめはじめた」ことになっている。これはなぜだろうか。

説明しようとすると長くなってしまうので省略したのか、あるいは前作『二つの庭』で「稲田信一」を悪く書いてしまったため今さら「稲田」を登場させることができなくなったのか、いずれかではないかと推測している。

「宮本百合子全集」にはコルビュジエやライトに言及した箇所もあり、建築の観点から見ても中々興味あるものだと思う。

|

« OSN105『二つの庭』の稲田信一 | トップページ | 旧高田義一郎邸 »

コメント

曾禰中條、渡辺仁、戦前の2大事務所はやはりブルショアジーのの建築をメインに手掛けていて、戦後直後ブルジョア階級の消滅が設計意欲を失わせたのでしょうか・・・今も続いていれば大手組織設計に匹敵する設計事務所になっただろうになと感じます。

投稿: | 2016.03.13 21:49

コメントありがとうございます
戦前から続く大手設計事務所というと、長谷部竹腰⇒日建などが思い浮かびますが、東京と大阪で違いもあったのかもしれません。

事務所が続くかどうかは後継者の問題も大きいですね。

投稿: 岡田ファン | 2016.03.21 10:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« OSN105『二つの庭』の稲田信一 | トップページ | 旧高田義一郎邸 »