« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月の8件の記事

2015.01.24

田園調布の鈴木邸

Suzup1160242
田園調布の洋館、鈴木邸が取り壊されるとのこと。
昨年12月、最後の見学会が行われたそうです(SUUMOジャーナル)。これが見納めでしょうか。
2000年に国の登録文化財になり、TVドラマやCMにもよく登場していました。
「眠れる森」の濱崎輝一郎(仲村トオル)の実家、「ソムリエ」の主人公(稲垣吾郎)の家、等々。最近ではダイワハウスのCMで上野樹里の家になっていたので、健在だと思っていたのですが…。
Suzup1160261
複雑な屋根や半円状の出窓など、変化に富む外観が特徴的でした。

| | コメント (0)

2015.01.23

一葉基金

樋口一葉が通った伊勢屋質店が存続の危機にあり、文京区が一葉基金を募集しています。
公式サイト(文京区)

報道(YOMIURI ONLINE 2015.1.21)によると、「所有者が昨年、建物を解体し、更地にして売却する意向を区に示した」とのこと。文京区内の大学(どこ?)が土地・建物の買い取りを計画していますが、所有者が希望する金額と折り合わないそうです。

差額を穴埋めするため、区が基金を設けるということです。差額がどの程度になるのかわかりませんが、面白いやり方だと思います。

| | コメント (1)

2015.01.15

OSN101岡田別邸の謎

Okap1150814
鎌倉のとある住宅の取壊しが始まった。岡田信一郎が自ら設計した別邸である。
地味な外観ゆえ、親族以外にはほとんど知る人もなく、「日本近代建築総覧」や「神奈川県近代洋風建築調査報告書」などにも掲載されていなかった。

この住宅を1999年に見つけて以来、時折様子を見に行っていたのだが、今後は鎌倉に行くことも少なくなりそうである。

建設時期は関東大震災前後らしい(関東大震災のときは建設途中で、柱が立っていたとも伝えられている)。
音羽の鳩山一郎邸(鳩山会館)は、震災時に基礎工事中だったという話があり、両者はほぼ同時期の計画だと思う。南側にベランダ(サンルーム)を配するプランや、客間・食堂のインテリア、照明などがよく似ている。

建設されたのはおよそ90年前ということになる。岡田信一郎夫妻がここで過ごしたのはせいぜい7、8年程度で、その後は別の方が住んでいた。近年では外壁が痛み、地震で漆喰天井が落下するなど、普通の人なら建替えを考えるのは無理もない。
大きな増築もなく、これまで大切に維持されていたことがうかがえるだけに残念である。

いろいろとわからない点も多く、整理ができれば別の機会に書いてみたい。

| | コメント (2)

2015.01.07

浜離宮の延遼館

浜離宮にあった迎賓館、延遼館を東京オリンピックのために復元する計画があるようです。

「東京都、明治時代の迎賓施設を復元調査へ」(毎日新聞

東京都は27年度予算に調査費1億円を計上するそうですが、さて…(´・ω・`)

| | コメント (0)

2015.01.06

博報堂の様子201501

Hakup1160062
神田錦町の博報堂跡地で、岡田作品を再現する工事が進んでいます。

塔屋部分や側面の外壁が出来上がりつつある状況です。

Hakup1160069
取壊し前の博報堂は「田中式カストストン」(cast stone)という人造石洗い出し仕上げでした。今回貼っているのも人造石でしょうか?

(以前の関連記事:2009年9月2012年11月2012年11月

| | コメント (1)

2015.01.03

ヴォーリズの山荘

Vors
季刊「チルチンびと」の最新号(82号)に、軽井沢にあるヴォーリズ設計の山荘の記事が掲載されています。
写真で見るだけですが、暖かみのある建物と思います。
公式サイトでも立ち読みができます。

花里俊廣氏(筑波大学)のレポートによると、1920年頃に近江兄弟社の貸別荘として建てられ、後に宣教師アームストロング女史の所有になったそうです。

| | コメント (0)

2015.01.02

黒田記念館再開

Kurop1160028
耐震工事のためしばらく休館していた上野の黒田記念館がリニューアル・オープンしました。
黒田清輝の作品を展示し、週6回開館します(入場無料)。
公式サイト

Kurop1150997
建物は岡田信一郎の設計、竹中工務店の施工で1928年に竣工。
小品ですが、細かいところまでていねいにデザインされていると感心しました。

Kurop1150993
階段手すりは岡田の教え子、金澤庸治がデザインを担当したそうです。(解説板による)

Kurop1160009
黒田清輝の代表作「読書」、「智・感・情」、「湖畔」は特別室にあります。
特別室は新年と春、秋のみ、2週間ずつ公開と、代表作を見られる期間が短いのはちょっと残念です。
(1月は2日から12日まで)

| | コメント (0)

2015.01.01

2015年を迎えて

Mjp1150659
本年もよろしくお願いします。

ちなみに年末の掃除の結果、OfficeのCD-ROMを発見。また、ネットカフェでSP2、Google chromeをダウンロード。
IE8、IE9は使えないままですが、何とかパソコンの状態も戻り、まずは一安心です。
(画像は明治村の「花子とアン」ロケ地)

| | コメント (0)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »