« OSN099徴兵制度 | トップページ | 2015年を迎えて »

2014.12.31

OSN100東京美術学校

岡田信一郎が長年勤めたのが東京美術学校である。
はじめの頃は専門学校の教員になるつもりはなく、アルバイト気分だったが、正木校長の厚い信頼を受け、多くの芸術家とも交流し、岡田にとって居心地のよい職場になったようだ。

岡田が美術学校嘱託になったのは1907年(明治40年)5月。建築科は未だ独立しておらず、図案科の一部であった。
建築担当の教授に大澤三之助と古宇田実がいたが、大澤はこの年の1月から英国留学中で、代わりに関野貞(東京帝国大学助教授)が嘱託で教えていた。また、古宇田はこの年末から兵役のため入営することが決まっており、その代わりとして、岡田が嘱託になったのである(前項)。

関野が建築学を担当し、岡田は日本建築、製図実習などを担当した。

1914年(大正3年)1月-2月の「時事新報」に連載された東京美術学校の裏話の中から、図案科(建築)の部分を抜き出してみよう(記者は「土耳古帽」とある)。

本科[図案科]は工芸図案と建築装飾の二つに分れ本科二年生は共通した技術を学び三年から何れか一方を選び専門的に研究する制度をとつて居る、(…)
工芸図案部は主任は教授嶋田佳矣氏で其下に助教授千頭庸哉(ちかみようさい)氏があり、建築装飾部は主任に教授工学士大澤三之助を戴き教授工学士古宇田實氏助教授小場恒吉氏、嘱託工学士岡田信一郎氏あり、教授岡田三郎助氏は各級の西洋画を受持ち、教授竹内久一氏は一年に塑造を、嘱託工学博士関野貞氏は二年生全部に日本建築史西洋建築装飾史を講義せられてゐる、(…)
殊に建築の方は博士に学士が三人も居るが此れで建築専門の生徒が何人居るかと思ふと驚く勿れ三年に二人四年に二人で僅四人、先生の方が人数が多いといふ奇観を呈してゐる (2月9日)
大澤、古宇田が復帰したこともあり、学生より教員の方が多かったというのが面白い。
(後に大林組で松竹座などを設計した木村得三郎が当時、5年生(卒業期)にいたと思うが、ふれていないのはなぜだろうか。)
岡田信一郎氏は(…)性格は恬淡無邪気、何所へ行つても書生流儀の悪口をポンポン云ふので就任当時は一寸烟つたがられたが性格が了解さるゝと共に実力のある善い先生である事が知れ「信ちやん信ちやん」と厚遇(もて)てゐるが近来健康を害して滅切り弱くなられたやうだ。切に自重を望む (2月11日)
「実力のある」というのは、1年ほど前(1912年12月)に大阪市公会堂の設計競技で1等となり、実力が認められたことを指すのであろう。「信ちゃん」と呼ばれたのは、他に岡田三郎助がいたせいか。
「健康を害して」という点は気になるところである。 この記事の前後、1909年9月から翌年3月頃まで(日英博覧会委員を辞退したとき)と、1914年9月から翌年3月頃まで長期療養をしているが、病名など具体的なことはよくわからない。後者について、本人は食べ過ぎが原因のように書いているが、食べ過ぎでそれほど長引くものだろうか。

美術学校の内情に詳しい「土耳古帽」氏が一体誰なのか気になるが、当時の岡田の様子を書き残してくれたのはありがたい。



「岡田信一郎の謎」を気が向くまま続けてきたが、ようやく100回目を迎えた。
第1回の謎(鳩山邸の施工者)をはじめ、3年経っても未だに不明な点が多いのは遺憾である。

夫人(元萬龍)の話、大隈講堂の話、お墓の話など、書き残した点も多いので、今後も気ままに書いてゆくつもりである。

|

« OSN099徴兵制度 | トップページ | 2015年を迎えて »

コメント

図案科から建築科が独立するのは震災直前の1923年で、昭和初年の時点でも1~5年生合わせて38人前後でした。

投稿: 岡田ファン | 2014.12.31 12:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« OSN099徴兵制度 | トップページ | 2015年を迎えて »