« 瀧原宮 | トップページ | 松阪の古建築 »

2014.11.20

松阪の洋館

Mtzkp1150147
瀧原宮、月讀宮などを見た後、松阪城下をぶらぶらしました。
まず目を引かれたのが一見銀行建築ふうの松阪市地区医師会。松阪水力電気本社として建てられたそうです。いかにも大正のデザインらしく、角の部分に玄関を置いています。

Mtzkp1150160
1908年(明治41年)、県立工業学校の製図室として建てられたもので、松阪工業高校の敷地内に保存されています。「赤壁」(せきへき)と呼ばれ、親しまれているそうです。

Mtzkp1150156
瀟洒な洋館で、昭和初期のモダン住宅かと思います。こうした物件を見つけるのはうれしいものです。

Mtzkp1150199
近代和風の範疇になりますが、1912年に飯南郡図書館として建てられ、現在は松阪市歴史民俗資料館になっています。

|

« 瀧原宮 | トップページ | 松阪の古建築 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 瀧原宮 | トップページ | 松阪の古建築 »