« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月の6件の記事

2014.10.25

OSN094建築条例実行委員会

Sinohp1140923
建築学会の建築条例実行委員の1人に田島穧造という人がいた。読みは「せいぞう」であろう。(「穧」は環境依存文字なので文字化けが心配である)

田島は1870年(明治3年)生れ。1892年(明治25年)、伊東忠太と同年に帝国大学造家学科を卒業。本館建設工事中の日本銀行に勤めたが、なぜかすぐに辞めている。その後、陸軍技師を経て台湾総督府建築技師。セントルイス万国博覧会(1904年)を機に、1903年から1905年まで欧米に出張。1906年に官職を辞し、その後、1910年から東京市に勤めた。
1916年(大正5年)に建築条例実行委員となったが、1917年1月30日、48歳(数え)で逝去した。
四谷見附橋や新大橋(明治村に復元)、鍛冶橋・呉服橋(堀の埋立てにより撤去)の装飾は、田島によるものだという(建築雑誌362、伊東忠太の追悼文による)。これらの橋は、明治末から大正初めの市区改正事業で架け替えられたものである(橋梁自体の設計は土木技師)。

(画像は新大橋の江東区側にあるモニュメント:田島デザインか?)

さて、岡田及び建築条例実行委員会は、市街地建築物法の制定過程においてどのような役割を果たしたのか。改めて考えているうちに長大な文章(都市計画法等の制定まで)になってしまったが、何人かキーパーソンがいたことがわかる。
中でも内田祥三は、条文の作成を一貫して地道に続けており、実務面での功績は大きい。

その内田が十数年後の「回顧座談会」で、都市計画法・市街地建築物法の制定運動に尽くした人物として挙げたのは、片岡安、清水仁三郎であった(建築雑誌617)。
岡田に一言ふれてもよかっただろうに(言い忘れたのか、言うまでもないと思ったのか、もしかすると何かひっかかるものがあったのか…)、と岡田ファンとしては気になるのである。

| | コメント (0)

2014.10.23

李王家東京邸

Riop1140858
(旧)赤阪プリンスホテル旧館ですが、工事の関係で2回曳屋を行うそうです。

見たときには道路側に移動していました。(9月撮影)

以前の記事

| | コメント (0)

2014.10.22

都市研究会の始まり

Ny2
「都市研究会は後藤新平(当時内務大臣)を会長とし、池田宏(土木局河港課長)を中心として、都市計画の必要性を感じていた佐野利器(東京大学教授)、藤原俊雄(実業家)、阿南常一(新聞記者)等により1917(大正6)年10月に誕生した。(…)設立初期の活動は、都市計画法の制定を支援することだった」(市政専門図書館ニュースレター2005.11)。

以前、「都市研究会」の項で設立の経緯がよくわからないと書いたが、今回改めて調べてみた。

都市研究会の機関誌「都市公論」は、第2巻第2号(1919.2)及び第2巻第7号以降の復刻版が出ている。始めの方の号は見つかっていないが、創刊号から第3巻までの目次が別に作られており、記事のタイトルと執筆者はわかる。また、内田祥三文庫で第1巻第7号(1918.10)を確認できた。

創刊当初の記事のタイトルを見て違和感を覚えるのは、「市長問題」「東京市の財政」「市会議員選挙」など東京市政の話題が多過ぎることである。土木、建築分野の記事はほとんど見あたらない。創刊号(1918.4)の執筆者に藤原、一記者(阿南?)の名はあるが、池田、佐野の名はない。
「都市公論」は池田や佐野(土木、建築の専門家)の発想というより、(市会議員の)藤原や阿南あたりの発想から始まったのではないだろうか。

初期の号では、発行所(都市研究会)の所在地は麹町八丁目(阿南の自宅)になっている。阿南について調べてみると、都市計画法制定当時を回想している記事があった(新都市1957.3-4)。以下、その要約。

阿南は東京市の水道課に勤め、村山貯水池の建設では住民の立退き交渉に当たった(大正初め?)。次いで報知新聞記者になり、逓信省、内務省、大蔵省、東京市などの官庁を担当した。
「欧米通」の内田嘉吉(逓信次官)と藤原俊雄から、日本の都市が貧弱で不整頓であることを聞かされた。また、内務省で市区改正委員会の事務を担当していた池田宏とともに欧米の都市計画について研究し、日本でも実行したいと考えていた。

1917年(大正6年)、阿南は内田逓信次官と二人で、奥田義人(東京市長)や渋沢栄一(実業界)の元を訪ねた。渋沢からは内務大臣の後藤新平が適任だろうと言われた。
阿南は一人で後藤に面会し、都市計画の実施を論じた。後藤は「外国では、都市計画はよいだろうが、日本の実情を見ると、未だ都市計画の施行は早い」と言ったが、阿南が「外国にはよいが、日本にはまだ早いとは一寸納得がいかない。それでは日本の文化が遅れるばかりだ。(…)そんな大臣は速やかにやめてもらいたいものだ」と挑発すると、後藤は地団太を踏んで怒鳴った。
日を改め、説得を重ねたところ、後藤も「それではやろう」ということになり、大臣室に池田を呼んで調査を命じた。
(阿南は明言していないが、これが都市研究会の設立に通じると思われる。)

以上はおよそ40年後の回想で、当時を知る当事者は誰もいない。従って話半分に聞く必要はあるが、内容は具体的であり、全くのでたらめでもないだろう。
「都市公論」第1巻第7号(1918.10)には内田嘉吉の講演筆記が掲載されている。内田は「予(かね)て御懇親にして居ります阿南君が、都市研究会と謂ふものを設けられ、賛成を求められたのであります。」と言い、都市研究会は阿南が作ったとしている。

阿南が後藤を説得した時期が具体的にいつなのかが気になる。内田嘉吉が逓信次官に就任するのは3月であること、奥田市長は5、6月頃には電灯問題の対応で忙しかったこと(やがて病に倒れ8月に亡くなった)などを考えると、4月前後だろうか。

後藤新平は当初、都市研究会の会長ではなかったようだ。創刊当初の「都市公論」に後藤の署名記事は見当たらず、第1巻第7号にも、後藤のことは何も書かれていない。表には顔を出さず、顧問的な立場だったのかもしれない。
1919年(大正8年)1月30日の評議員会において、後藤が会長に推戴された(「都市公論」第2巻第2号)。
評議員会の後、理事の池田、佐野らが後藤邸を訪れ、会長就任を乞うている(それまでは評議員にも加わっていなかったのか)。
後藤は前年8月に外務大臣を辞めており(東京市長には就任前)、会長就任を引き受けたのであろう。

以上はごく瑣末な点の詮索であるが、「都市計画法等の制定まで」の年表を作っていて気になったから、調べてみた。

※池田宏は1931年の講演の中で都市研究会の設立にふれて、池田自身の他に後藤、内田、阿南の名を挙げている(「都市計画法の由来と都市計画」)。創立の中心になったのは、これらの人々なのであろう。

(画像はニューヨーク市庁舎、Googleマップより拝借)

| | コメント (0)

2014.10.09

OSN093藤原俊雄

藤原俊雄と言えば、都市計画史などでちらっと名前が出てくるが、どういう人物だったのかほとんど知られていない。
岡田信一郎ファンとしては、岡田の追悼文(建築雑誌557)を書いていることや、岡田作品(三柏ビル、藤原邸)の施主であることから、逸することのできない人物であるが、「貿易商、市会議員」という程度で詳しく調べてはいなかった(反省)。都市計画法制定運動の中で少なからぬ役割を果たしたことがわかってきたので、ここで人物像や経歴をまとめておく。

藤原は1867年(慶応3年)岡山生れ、岡田の16年上である。
当時の人物評に「顔面漆黒にして体幹偉大、宛(さな)がら古壮士を見るが如し、精力極めて旺盛にして癇癪癖に富み、常に人と相争ふ」とある(桑村常之助「財界の実力」1911年、やまと新聞に初出)。

実家は酒屋だったが、後に衰えた。16歳で大阪に出て苦労して2年ほど働き、東京に出て泰東法律学校(不明)、明治法律学校(明治大学の前身)に学んだ。その後、アメリカに渡るが、働き過ぎて体を壊し、人生の無常を感じたという。宣教師メリマン・ハリスの推薦でサンフランシスコにある日本人学校の校長となり、多くの日本人の世話をした。やがて教員生活に飽き足らず帰国、三井銀行に入った(同)。

アメリカの友人から建築材料のマルソイド・ルーフティング(屋根瓦代用品)の話を聞いて4年間研究し、有望であることを確信した。三井銀行神戸支店の庶務課長兼地所係長の職を辞して、神戸で開業したのは1903年、37歳のときであった。始めての注文は辰野金吾からで、住友家の仕事だった。やがて東京に移転し、横河工務所の注文を受けた。翌年、日露戦争が始まると、多くの注文が入り、事業の基礎が固まった(「実業之日本」16-21)。

事業は建築材料のほか、自動車(パッカード)を扱った。度々海外に出かけ、様々な社会問題にも詳しく、「蛮殻(バンカラ)にして西洋通なり」と評された(同19-3)。著作には「日本社会改造論」(1920年、極東書院)、「日米は戦争?」(1924年、極東書院)、「金再禁止から財界復活の途へ」(1932年、経世社)、「明日の経済と資本」(1934年、実業之日本社)などがあり、雑誌「都市公論」には創刊号以来、多くの論文を寄せている。

東京市会に1912年(明治45年)6月の補欠選挙(赤坂区選出)で当選。1914年(大正3年)の選挙で再選。1918年6月の選挙では落選するが、1926年(大正15年)6月の選挙で市会議員に返り咲いた。

1915年9月の「実業之日本」(18-19)によれば、藤原は「市政道楽の雑誌」を出していたという。誌名が確認できないのが残念だが、時期からみて、おそらく「都市協会」と関係がありそうだ。(「都市研究会」の項の末尾参照)
Mkp1030828
冒頭でもふれた追悼文(1932年)に、岡田とは「30年に近き交際」だったと記している。岡田が大学を卒業するのは26年前(1906年)だから、かなり早くから知り合っていたらしい。また、「君は実に喜怒哀楽を自由に表はす人であつた」、「まことに純真にして交りよい人であつた」と記しており、岡田との親交は深かったようだ。
藤原の三柏商会が入る有楽町一丁目の三柏ビルは岡田の設計作品である。1927年11月竣工。後に東光ビルとなった。

藤原が病気で亡くなったのは1938年11月。他にもエピソードの多い人物だがこの辺にしておく。
(画像は一木努コレクション、2009年「建物のカケラ」展より。)

| | コメント (0)

2014.10.03

滋賀武徳殿の行方

Sigabutoku_2
滋賀武徳殿については、県庁付近の地域活性化という点から保存の方向で議論が行われてきました。県庁では「民間に事業計画を公募して活用する方針」を示していましたが、公募は見送ることになったそうです(京都新聞9月30日)。

岡田信一郎の建築事務所にいた三井道男による作品で、歌舞伎座や琵琶湖ホテルの系列となる鉄筋コンクリート造の和風建築です。
現在の耐震基準を満たしておらず、補強が必要という事情もある模様ですが、武徳殿の行方が案じられます。
(画像は以前の記事より)

| | コメント (0)

2014.10.01

だまし絵展

Dama
アルチンボルドが出ている「進化するだまし絵」を見てきました(10月5日まで)。
公式サイト
立体的な作品(「生き写し」、「広重とヒューズ」、「引き伸ばされた女」など)が面白かったです。これは図録などでなく実際に見ないとわかりませんが。

| | コメント (0)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »