« 岩崎久弥邸 | トップページ | 博報堂その後 »

2014.09.02

服部金太郎邸

Hattori
白金にある旧服部邸(1933年、高橋貞太郎設計)が売却、というニュースがありました。(FRIDAY 2014.9.12号)

三光起業という服部家の資産管理会社が持っていたのですが、数年前にセイコーHDに所有が移り、今回売却となったそうです。
Googleマップで見てもあっと驚く豪邸ですが、このまま取壊されてしまうのでしょうか…?

|

« 岩崎久弥邸 | トップページ | 博報堂その後 »

コメント

Tempus Platium Investments特定目的会社(最近設立)が、305億円で購入したそうです。

http://www.seiko.co.jp/upload_files/ir2014_0930a.pdf

投稿: 岡田ファン | 2014.10.10 01:17

asiax(10/1、シンガポールの日本語メディア)に記事が載っていました。服部邸は「保存する」のでしょうか?(以下、抜粋)

不動産大手のシティー・デベロップメンツ(CDL)は、米国の投資会社と共同で、セイコーホールディングスから、服部金太郎氏の旧邸宅(港区白金)の土地と建物を305億円で購入したと発表した。服部氏はセイコーホールディングスの前身、服部時計店の創業者。同宅は憲法草案が書かれたとされる歴史的建物。(略)

港区には外国大使館や多国籍企業の事務所が多数あり、CDLはコンドミニアムを数棟建設する。邸宅は歴史的重要性から保存する。

http://www.asiax.biz/news/2014/10/01-104330.php

投稿: 岡田ファン | 2014.10.12 09:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 岩崎久弥邸 | トップページ | 博報堂その後 »