« 大観「雨後」 | トップページ | 戦後日本住宅伝説展 »

2014.06.30

木子七郎の謎


Ehimeken
愛媛県庁舎などの設計者、木子七郎については、わからない点が意外に多くあります。

例えば、木子が亡くなったのは1955年(昭和30年)だと思っていたら、最近ではなぜか1954年とされることが多いのですが(「萬翆荘調査報告書」など)、不審なことです。
大阪日赤病院が1955年に米軍の接収を解除された後、木子が増築計画の設計依頼を受けているので(「看護」1955年4月号)、没年が1954年ということはありえません。
かと言って、1955年の何月に亡くなったのかがよくわからず、困ったことです。

木子七郎の謎についてはまた別に書きます。

|

« 大観「雨後」 | トップページ | 戦後日本住宅伝説展 »

コメント

木子七郎の没年の件
吉田鋼市氏の『日本のアール・デコ建築物語』(2016.12刊)に書いてありました。吉田氏も没年のことを不審に思っていたそうですが、「建築雑誌」1955年9月号に、会員木子七郎氏逝去の旨を8月26日受付、とあるそうで、1954年説を斥けています。

投稿: 岡田ファン | 2017.08.07 23:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大観「雨後」 | トップページ | 戦後日本住宅伝説展 »