« 伊勢その他 | トップページ | ラファエル前派 »

2014.04.01

伊勢の常夜燈

Isep1140354
伊勢神宮の内宮から古市を目指して坂を上ってゆくと、大きな常夜燈があり、「東京神田旭町 富樫文治」と寄進者が刻まれています。大正3年(1914年)2月の建立です。

神田の富樫と言えば、日本銀行小樽支店の施工者です。駒木定正氏の論文(後記)を見ると、以下のようです。

*明治42年(1909年)4月2日、本店から小樽支店に入札要領を送付。小樽支店では、地元の業者(加藤忠五郎)に入札参加の意思を確認したが、辞退された。
*4月27日、入札。
*6月11日、日本銀行と富樫が一式請負の契約。14日に本店から支店あて、「東京市神田区旭町拾参番地富樫文治ニ請負ハシムルコトニ相成候」と通知。
*7月1日、富樫が小樽へ出発、7月6日に着手届を提出。
(冬季の11月末から4月までは、工事は休業)
*明治45年7月27日、竣工。

辰野金吾は、「一式請負ニハ珍シキ上出来」と評価したそうです。

富樫は日本銀行本店工事(1890-1896年)では砂利、砂の納方を請負い、福島支店工事(1911-1912年)でも主要な工事を請負っています。

神田で棟梁の家に生れた竹田米吉のエッセイ『職人』に富樫の話が出てきます。(中公文庫版P41、57)

私の幼いころ(…)今川橋の黒崎、石井権三、長谷川金太郎、富樫文治らが新興の大きな棟梁であった。
竹田(明治22年生)の幼いころというと、明治20-30年代あたり、富樫が日本銀行の工事に関わった前後のことでしょうか。

伊勢に常夜灯を寄進したのは、日本銀行小樽支店、福島支店の工事を完成させた後のことで、富樫の最盛期だったのかもしれない、などと想像してしまいます。

(一部文献には「富樫文次」とあるようです)

参考文献
「日本銀行小樽支店の建築請負入札と請負契約(明治42年)」 (学術講演梗概集、2003年)
「日本銀行小樽支店の明治42年における建築請負契約について」(日本建築学会計画系論文集、2008年)

|

« 伊勢その他 | トップページ | ラファエル前派 »

コメント

そうでしたか!
神田旭町13の富樫といえば、「富樫とわ」の
富樫組ですね。
内外エレベーターの創業者、九里博武の弟が
富樫の養子となり東京支店をやっていました。
富樫組については気になりつつもスルーしましたが、そんなヒントがあったとは。

投稿: 杣辺 温 | 2014.04.01 21:29

コメントどうも。
内外エレベータとの関係は知りませんでしたが、東京支店の代表が富樫厚博さんでしょうか?
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1017381/243

ついでに、石井権三(の二代目?)は九段小学校の施工者として名前が出てくるようですね。

投稿: 岡田ファン | 2014.04.01 22:46

大衆人事録昭和3年版によると「富樫とわ」は
富樫文次(原文ママ)の養子で、
今で言うなら女社長のようです。
ご明察どおり東京支店担当は富樫厚博。
初めて知ったが、東京美術学校卒なんですね。
アニキはメカ狂いで弟は芸術系だったのか。
内外エレベーターのデザインとか手掛けて
いそうです。ご紹介の資料初めて見ました。
富樫組本店は土木建築業並関係業者信用録
昭和11年版あたりに詳しいかもしれません。
ありがとうございました。

投稿: 杣辺 温 | 2014.04.02 22:56

大正時代の東京美術学校一覧で見たところ、在校生・卒業生に富樫厚博さんらしき人は見当たりませんでした。見落としかもしれず、再度調べますが「東京美術卒業」っていう書き方も少々怪しい感じはします(^^;

投稿: 岡田ファン | 2014.04.10 22:52

富樫厚博のことを東京支店をやっていた、東京支店担当、と曖昧に書きましたが、
閉鎖登記簿で支店は存在せず、都立公文書館にある東京市との契約書でも、九里の「代理人」になっていました。
どうでもいい話ですが(笑)

投稿: 杣辺 温 | 2014.05.01 22:30

ふ~む、公文書館に契約書がありますか。
石井組の契約書もあるかもしれませんが…

投稿: 岡田ファン | 2014.05.07 23:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 伊勢その他 | トップページ | ラファエル前派 »