« カフェーパウリスタ | トップページ | 東京拘置所矯正展2 »

2013.10.13

東京拘置所矯正展

Kochip1130587
12日の矯正展で、念願の旧小菅刑務所庁舎(1930年)を間近で見ることができました。(内部は入れず)

建物に近寄って行くと、見る角度によって表情が変わってきます。少し斜めから見るのがカッコよい。

Kochip1130634
鳥が羽を広げたような形をしており、首にあたるのが監視塔(兼時計塔)です。表現派建築の終局を飾る作品とも言われており、今後とも保存してほしい建物です。

|

« カフェーパウリスタ | トップページ | 東京拘置所矯正展2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カフェーパウリスタ | トップページ | 東京拘置所矯正展2 »