« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月の9件の記事

2013.10.18

蒲原重雄

小菅刑務所の設計者、蒲原重雄について。

蒲原は1922年(大正11年)3月に東京帝国大学の建築学科を卒業し、司法省入り。国立公文書館のアーカイブで検索すると「初叙判任官制限外任用之儀」(大正11年12月27日)という文書があり、嘱託の身分で月の手当が110円。同じ年、第一銀行の初任給が50円(大卒、手当別?)というので(値段の明治大正昭和風俗史)、中々いい収入だったようです。
Kochip1130590
当時、司法省の営繕にいたのは山下啓次郎。
山下は明治の人、というイメージでしたが、調べてみると昭和5年4月まで在職してました。後輩には自由に設計させていたのでしょうか。

蒲原は司法省の仕事の他に、法政大学第四校舎(1928年)や軽井沢の法政大学村(別荘)を設計してます。なぜ法政?と思ったら、第三校舎(1927年)を山下が設計しているので、おそらく山下に頼まれたのでしょう。法政の松室学長が桂内閣や寺内内閣の司法大臣を務めた縁によるようです。
第四校舎の設計は無償だったとか。(石井翔大氏の修士論文より)

豊多摩監獄(中野刑務所)の設計者、後藤慶二は37歳(数え)で亡くなり(1919年)、蒲原は35歳で亡くなりました(1932年)。

| | コメント (1)

2013.10.14

東京拘置所矯正展2

Kochip1130588
かつての東京集治監(明治12年)は関東大震災で倒壊しましたが、その当時の門が保存してあり、「開かずの門」と呼ばれています。

Kochip1130621
錠前がなぜかハート型です。

Kochip1130608
これも東京集治監の遺構? 開口部のキーストーンと推測。

Kochip1130639
以下は旧庁舎のディテールを。
正面玄関の扉。「昭和四年」というプレートが左右に付いています。

Kochip1130595
扉のガラス越しに撮影。この先にアールデコ風のホールがあるはず(朝日文庫の「建築探偵雨天決行」に写真が掲載されています)。

Kochip1130593
窓の飾り金具は心電図の波形…?

Kochip1130617
台形の窓が気になりました。

| | コメント (0)

2013.10.13

東京拘置所矯正展

Kochip1130587
12日の矯正展で、念願の旧小菅刑務所庁舎(1930年)を間近で見ることができました。(内部は入れず)

建物に近寄って行くと、見る角度によって表情が変わってきます。少し斜めから見るのがカッコよい。

Kochip1130634
鳥が羽を広げたような形をしており、首にあたるのが監視塔(兼時計塔)です。表現派建築の終局を飾る作品とも言われており、今後とも保存してほしい建物です。

| | コメント (0)

2013.10.07

カフェーパウリスタ

明治時代のカフェーパウリスタの建物が取壊されるというニュースがありました。

明治44年、箕面駅前に開店した喫茶店で、1年ほどで閉店。その後、建物が豊中に移築され、集会所として使われていたようです。

残念なことに、既に取壊しが始まっている模様…。

*実は国内最古のカフェ? 大阪・豊中の自治会館 ブログ(井桁さん)
*カフエーパウリスタ…10月に解体  ブログ(吹田市立博物館スタッフの方?)
*関西の歴史建築 ブログ(関西の歴史建築ドキュメンタリー上映委員会)

| | コメント (0)

2013.10.06

ル・コルビュジエ展

Seibip1130568
美術館に着いてから気が付きましたが(遅)、「ル・コルビュジエと20世紀美術」の展示を行っていました。(11月4日まで)
公式サイト

コルビュジエは、午前中アトリエで絵を描き、午後は設計、というのが日課だったそうです。
国立西洋美術館の建物の中に、コルビュジエのキュビズム風絵画がズラっと並んでいるのは、面白い風景でした。

| | コメント (0)

2013.10.05

ミケランジェロ展

Seibip1130574
国立西洋美術館のミケランジェロ展を見てきました、見どころは1点だけか、と思いつつ行きましたが、システィーナ礼拝堂の高画質映像も見られたので、個人的には良しとしておきます。

11月17日まで。(公式サイト

| | コメント (0)

2013.10.04

学士会館(半沢)

Gakusip1010527
既に放送が終わってますが、ドラマ「半沢直樹」のロケ地情報が、学士会館の公式サイトに掲載されていました。

見学者がかなり訪れているそうです。(写真は2007年9月撮影)

| | コメント (0)

2013.10.03

伊勢神宮

Ise
前回の遷宮の年には見に行ったのですが、正直なところ「もう20年も経ったのか」と驚きました。

かかる費用はニュースによると約550億円。公式サイトには約570億とありますが…? いずれにしても、あるところにはあるものです。
(画像はGoogleマップで見た内宮で、左側が新しく建てられた方)

| | コメント (0)

2013.10.02

東京駅ホームにて

Tokyop1130555
東京駅の5・6番線ホーム(山手線、京浜東北線)には、古い柱と小屋組が残っています。大正時代の開業当時のものと思います。

コリント式の装飾を付けた柱は全部で10本。
なぜか緑色に塗られたものもありますが、ホームの端にある柱が比較的保存状態がいいようです。

Tokyop1130558 Tokyop1130560

| | コメント (1)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »