« OSN085日本生命館 | トップページ | OSN087岡田の毒舌 »

2013.07.31

OSN086高橋貞太郎

ここで高橋貞太郎についてふれておきたい。高橋については、INAX REPORTNo185の特集記事(砂本文彦氏執筆)に経歴や作品が要領よくまとめられており、あまり付け加えることはない。ただ、岡田信一郎との関わりでいくつか気になることがある。

東京帝国大学の卒業式では成績優秀者に銀時計が授与されたが、建築学科で銀時計の対象になったのは、岡田(1906年)、高橋(1916年)の2名のみである。もっとも、この制度が存続したのは1899年(明治32年)~1918年(大正7年)の20年間に限られるのだが(中野実「東京大学物語」)。

口が悪いという点でも共通している。岡田の毒舌については別に書く予定だが、高橋も色々と舌禍事件を起こしていたようだ(INAX REPORT参照)。
両者ともお互いについて何も書き残していないようであるが、意識していたのは間違いないだろう。

岡田は大阪市公会堂の設計コンペに入賞したことで名を挙げたが、実施設計には関わることができず、無念の思いをした。これに比べると、高橋は学士会館と日本生命館の設計コンペに入選し、実施設計まで携わることができたのだから、恵まれていたと言える。

さて、日本生命館の設計者として、片岡安、高橋貞太郎、前田健二郎の名が挙げられる。高橋=佐野利器派、前田=岡田派、と思いこんでいる筆者としては、高橋と前田が組んでいる点が気になる。
「前田建築事務所のあゆみ」によると、共同で応募案を作成したようだ(前出)。高橋と前田は学校は違うが卒業時期が同じであり、交友があったのかもしれない。

|

« OSN085日本生命館 | トップページ | OSN087岡田の毒舌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« OSN085日本生命館 | トップページ | OSN087岡田の毒舌 »