« デ・ラランデ邸 | トップページ | 田園調布駅 »

2013.05.03

木村荘八展

Tokyop1130131
東京ステーションギャラリーの木村荘八展に行ってみました。(5月19日まで。公式サイト

岩波文庫の「東京繁盛記」などは読んだことがありますが、一般にはどれだけ知られているのでしょうか。

Tokyop1130127
「墨東綺譚」の挿絵や、「パンの会」(1928年)が見られて個人的には満足。

野田宇太郎の著作「パンの会」によると、荘八は実際には出席していませんが、兄の荘太が出席しており、話を聞いていました。会場は日本橋区の三州屋で、関東大震災で焼けていましたが、本郷の青木堂の雰囲気が似ていると木下杢太郎の助言も受けて、描いたものだそうです。

公式サイトに画像がありますが、絵の中で三味線を弾いている男は荘八自身です。右端が木下、立ってスピーチをしていうのが小山内薫、頬杖をついているのが谷崎潤一郎。春陽会に出展されたこの絵は谷崎が買い取ったとか(後に別人の所有に)。

|

« デ・ラランデ邸 | トップページ | 田園調布駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« デ・ラランデ邸 | トップページ | 田園調布駅 »